このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
チョウバエ対策

チョウバエの発生を放置すると危険って知ってた?チョウバエ繁殖による被害と発生を防ぐ方法とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年9月13日

お風呂や洗面所、キッチン、トイレなど主に水回りで繁殖するチョウバエ。1匹が産み付ける卵の数は実に200個を超えるため、成虫になる前に駆除することが重要である。この記事では、チョウバエの幼虫を簡単に駆除する方法や発生を防ぐ方法などをご紹介しよう。

  

1. チョウバエの幼虫の駆除には殺虫剤を!

チョウバエの幼虫の駆除には殺虫剤を!
チョウバエの駆除方法で効果的なのは以下の2つ。
  • 熱湯をかける
  • 幼虫用の殺虫剤を使用する
チョウバエの幼虫は、60~70度の熱湯をかければ駆除はOK。主に排水口内に生息するため、排水口にたっぷり沸かしたお湯を流すだけで一掃できるのだ。ただし、熱が伝わらない場合もあるので、殺虫剤も併用することがポイントである。

2. チョウバエの幼虫を駆除しないとどうなる?

チョウバエの幼虫を駆除しないとどうなる?
前述したようにチョウバエは1匹で200個以上の卵を産み付ける。放置すると大量の成虫が飛び回ることになるだろう。チョウバエはヘドロで繁殖することからも、食品にとまると衛生的に見てもよくない。食品に入ってしまうことや、微生物汚染のリスクも考えられる。さらには、幼虫が体内に侵入し発生する「ハエ病」も、稀に発症することがあるようだ。

3. 幼虫のときからやろう!チョウバエの予防法

幼虫のときからやろう!チョウバエの予防法
チョウバエの幼虫の発生を防ぐ効果的な予防法は3つある。
  • こまめな水回りの掃除
  • 排水管の清掃
  • 成虫の侵入を防ぐ
チョウバエの発生の原因に挙げられるのが、水回りの汚れ。水回りの掃除をこまめに心がけるだけでも。チョウバエの発生を防げるだろう。排水管の掃除は、パイプクリーナーなどを使用すると、内部のヌメリやヘドロが簡単に落とせるのでおすすめだ。さらに、そもそも成虫が侵入しないように、水回りに近い窓をしっかりと閉め、隙間を隙間テープでふさげば、チョウバエ予防はバッチリである。

結論

水回りで発生しやすいチョウバエ。小さな虫ではあるが、食品につくと不衛生なため、幼虫の時から発生しないように防ぐことが重要だ。今回ご紹介した防止策は簡単なものばかりなので、今日からでもぜひ実践していただきたい。
  • 更新日:

    2022年9月13日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧