このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
補修した床

【まさかの結末】フローリングのへこみは家庭で治せる!?アイロンを使って実践してみた

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年9月16日

床に細かいへこみをたくさん見つけたので、アイロンで補修できるか試してみました。本当に30秒で床のへこみが目立たなくなるのでしょうか。半信半疑で実践してみると、驚きの結果を目の当たりにすることに…。

  

1. 30秒アイロン当てるだけ

アイロンと雑巾
床のへこみを補修するのに必要なのは、水にぬらして絞った雑巾とアイロンのみ。 床のへこんでいる場所に雑巾をかぶせ、その上にアイロンを30秒乗せるだけでした。 たったこれだけで、床のへこみが目立たなくなるという裏技なのです。

2. スチームで床の素材を柔らかくして補修?

少しへこんだ床板
雑巾にアイロンを乗せて30秒すぎるのを待っていると...。 アイロンと雑巾の接触部分からスチームが発生します。 このスチームが床の素材を柔らかくすることで補修されるのではと感じました。 30秒後、ドキドキしながらアイロンと雑巾をよけたのですが...。

3. ほとんど変化なし!プラス20秒追加

床にあてた雑巾とアイロン
床のへこみにほとんど変化が見られませんでした。 雑巾が乾いたので再度ぬらして固めに絞り、プラス20秒追加でアイロンを当てます。

スチームが舞う中ドキドキしながら待ちました。 いざ雑巾とアイロンをよけると、明らかに床のへこみが目立たなくなっていたのです。

結論

試してみた結果、30秒では床にほとんど変化はみられませんでした。 なのでさらに20秒追加してみたところ、明らかに床のへこみが目立たなくなったのです。 床の変化に感動し、家中の床のへこみを補修してみたくなりました。
  • 更新日:

    2022年9月16日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧