このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
「ダンゴムシ」対策

『ダンゴムシ』も害虫になりうるって知ってた!?その厄介な被害とキッチンにある「アレ」を使った撃退法を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年9月15日

益虫といわれるダンゴムシだが、大量発生した場合は食害により駆除が必要なケースもあるため注意が必要だ。今回は、ダンゴムシが大量発生する意外な原因から、簡単な駆除方法、今後近寄らせない対策方法まで紹介していこう。

  

1. 湿気を含む土やエサとなる落ち葉や新芽が原因!

湿気を含む土やエサとなる落ち葉や新芽が原因!
ダンゴムシは、湿気を多く含む土に、エサとなる落ち葉や新芽があることで大量発生しやすい。とくに柔らかい新芽を好むため、ガーデニングや家庭菜園をしている方は注意が必要だ。大量発生した場合は、食害が発生しやすくなるので早めに駆除するようにしよう。

2. ダンゴムシを駆除する簡単な方法とは

ダンゴムシを駆除する簡単な方法とは
一番手軽な駆除方法は、市販の殺虫剤(駆除剤)をスプレーする方法である。ダンゴムシにサッと吹きかけるだけなので非常に簡単だ。また、ダンゴムシは酢のにおいが苦手なため、200~500倍に希釈した木酢液の散布もおすすめ。市販の誘引タイプの駆除剤(毒材)もあるので、まいて対策するのも効果的である。

3. ダンゴムシを近寄らせない対策方法

ダンゴムシを近寄らせない対策方法
ダンゴムシを近寄らせないためには、好物である枯れ葉や落ち葉をこまめに掃除しておくことが大切である。湿気がある場所も集まりやすいので、土はなるべく乾燥させる、プランターや植木鉢は花台に乗せるなどして風通しをよくしておこう。市販の殺虫剤以外では、木酢液やコーヒー、ハーブが忌避剤として使用可能だ。ただしコーヒーのカスはエサとなってしまうため使用は避けよう。

結論

ダンゴムシは土を豊かにする益虫だが、大量発生すれば駆除が必要だ。食害が発生する前に、殺虫剤や木酢液などを使って駆除をしていこう。ただし、誘引タイプの駆除剤を使用する場合はペットや子どもが誤って食べてしまわないよう、十分注意して活用してほしい。
  • 更新日:

    2022年9月15日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧