このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
2皿のそうめん

衝撃的な検証結果に!?そうめんを「アレ」で茹でみたら味に変化あり!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年9月17日

普通に茹でたそうめんと重曹を入れて茹でたそうめん、違いはあるの?そんなに変わらない気がすると予想しつつ、試してみた結果…。見た目にも味にもかなりの違いが出て衝撃でした!

  

1. そうめんに重曹って...

そうめんと重曹
食材を膨らませたり、ぬめりをとったりするのに使用する重曹...。 でもそうめんに重曹を使うとどうなるのか想像もつきません。 普通のそうめんと何か変わるのだろうかと考えながら試してみました。

2. あふれそうなほどシュワシュワ

茹でられているそうめん
普通のそうめんを作った後に、重曹入りそうめんを作ったのですが...。 重曹入りは茹でるタイミングで、あふれそうなほどシュワシュワと泡立ちます。

普通のそうめんと同じく約2分茹でて湯切りし、冷やしてお皿へ。 普通のそうめんと比較すると、明らかに重曹入りのほうが暗い色味になりました。

3. いざ、実食!

重曹入りそうめん
気になる味ですが、重曹入りは甘かったです。 そして、そうめんの香りや風味がとんでしまっている気がしました。 噛みごたえや食感には変化がなかったです。

結論

重曹入りのそうめんを作っているときに、あふれそうになったので少し焦りました。 普通のそうめんに比べて、重曹入りは甘みがでます。

しかし、そうめんのうま味がとんでしまったので残念。 色味も普通のそうめんより暗めになり、多くのおもしろい発見ができました。
  • 更新日:

    2022年9月17日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧