このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
生ゴミの処分方法

生ゴミの捨て方には落とし穴があった!?絶対防ぎたい生ゴミによる害と正しい捨て方とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年9月14日

料理の際に必ず出るのが生ゴミ。とくに暑い時期になると正しく処理をしないと嫌な臭いや虫が湧く原因になってしまう。そこで今回は、生ゴミの正しい捨て方や臭いや害虫を抑える処分方法を解説する。ご家庭の生ゴミの臭いや害虫が気になる方は、ぜひ当記事を参考にしてほしい。

  

1. 生ゴミは水を切ってしっかり分別すること

生ゴミは水を切ってしっかり分別すること
生ゴミは燃えるゴミに分別される。また、捨てる際はしっかりと水を切ることは大切だ。水を切ることで重量を10%ほど減らせるともいわれており、燃焼効率が上がるためゴミの処理費用削減にも貢献できるのだ。また、水分が残っていると雑菌が繁殖し臭い原因にもなる。しっかり水を切って、正しく分別してから捨てよう。また、粗大ゴミ回収業者を利用する手もある。

2. 生ごみの捨て方のコツ

生ごみの捨て方のコツ
生ゴミの捨て方のコツを解説しよう。以下のコツを押さえれば、生ゴミの腐敗臭や害虫発生といったトラブルの軽減につながる。
まずは、きちんと生ゴミの水切りをすること。生ゴミの悪臭の原因になる雑菌は高温多湿を好むので、なるべく水分に触れさせないことが大切だ。料理中も可能な限り生ゴミをぬらさない工夫をするとよい。食べ残しは新聞紙に入れ、水濡れを防ごう。
すでに悪臭を放っている生ゴミは、重曹を振りかけて、消臭するとよいだろう。生ゴミの臭いを断つにために、冷凍しても効果的だ。

3. 生ゴミの間違った処理で起こる問題とは

生ゴミの間違った処理で起こる問題とは
生ごみを間違った処理で放置してしまうと、害虫、悪臭の発生、カビの発生原因となってしまう。三角コーナーやゴミ箱などに生ゴミを長時間放置すると腐敗臭を放つため、害虫を寄せ付けてしまうのだ。また、生ゴミは主に食品カスと水分のため、カビが発生する原因となる。正しく処理をすることが大切だ。

結論

生ゴミは長時間置いておくと、悪臭や害虫が発生する原因となる。当記事で解説した生ごみの捨て方のコツを押さえて正しく処分しよう。料理をすると生ゴミは出るものだが、キッチンは清潔にしておきたい空間。生ゴミの正しい捨て方を覚えよう。
  • 更新日:

    2022年9月14日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧