このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
カメムシの家への侵入を防ぐ

カメムシを絶対家に入れない!?「あの香り」を漂わせるだけで簡単に侵入を防ぐ驚くべき方法とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年9月17日

カメムシといえば悪臭を放つ厄介な虫だ。カメムシの侵入を防ぐためには対策が必要だが、ある香りを漂わせるだけで侵入の防止ができる。ここでは、ある香りを使用した侵入予防や駆除方法を紹介しよう。また、手や服に付着した臭いの落とし方についても解説していくので、ぜひ参考にしてほしい。

  

1. あの香りの正体は「ハッカ」!

あの香りの正体は「ハッカ」!
カメムシの侵入を阻止するのに効果的な香りはハッカ(ミント)だ。カメムシはハッカの香りが苦手な苦手なのでハッカスプレーを活用するとよい。スプレーボトルにハッカ油を(約20滴)入れて水道水(90ml)で薄めるだけでOK。侵入しやすいカーテンや網戸、窓などに吹きかけよう。ミントを植木鉢に植えて窓際で育てる方法も効果的でおすすめだ。

2. カメムシの駆除方法

カメムシの駆除方法
カメムシを確実に駆除するなら、カメムシに対応している殺虫剤を使用しよう。静かに近づいて垂直方向からスプレーを吹きかけるとよい。また、ガムテープにカメムシを貼り付けて駆除する方法もある。素早く捕まえると悪臭の発生を防げて、そのまま捨てられるので便利だ。ガムテープがない場合は、ティッシュを使用して捕まえるとよいだろう。刺激しないように優しく包み込むように捕まえるのがポイントだ。逃がさないように注意しながらそのまま外に出そう。

3. カメムシの臭いを取る方法

カメムシの臭いを取る方法
カメムシの臭いの原因であるトランス‐2‐ヘキセナールは、油に溶けやすい性質がある。手に臭いが付いた場合は、オリーブオイルやサラダ油でこすったあと、石鹸で洗うとよいだろう。また、洗濯物に臭いが付いた場合は界面活性剤が有効的で、洗濯用洗剤で洗うだけでも落とせる。臭いの原因である分泌液は揮発性なので、熱を加えるとよい。ドライヤーやスチームアイロンで熱を加えたり、天日干ししたりすると効果的である。

結論

ハッカには、カメムシの侵入防止効果がある。カメムシが侵入しないようにハッカスプレーを使用して対策するとよいだろう。カメムシが侵入したときは、殺虫剤やガムテープなどを使って駆除してほしい。カメムシが大量発生する前に対策しておこう。
  • 更新日:

    2022年9月17日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧