このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
使いすぎに要注意な『スパイス』

食べ過ぎ厳禁!中毒症状を引き起こす身近な『あのスパイス』とは!?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年9月18日

上手に使えば美味しさを引き立ててくれるスパイス。栄養や効能も豊富だが、たくさん摂ればよいというものではない。使いすぎには注意が必要だ。そんな、摂りすぎると中毒症状の危険もある意外な『スパイス』の正体について解説しよう。

  

1. その意外な『スパイス』の正体はナツメグ!

その意外な『スパイス』の正体はナツメグ!
さまざまな栄養が詰まったスパイスであるナツメグだが、摂り過ぎには注意が必要だ。というのも、ナツメグに含まれるミリスチシンは過剰に摂取すると、中毒症状が出る可能性があるからだ。

2. ナツメグの適量とは?

ナツメグの適量とは?
ナツメグは、スパイスとして肉1kgに対して0.2~0.5gが適量。その10~30倍の量を一度に摂取しなければ中毒症状は起こらないので、まずオーバーする量ではない。しかし、小さな子どもや妊娠中の女性は、少量でも人体に影響が出る可能性があるため、ナツメグの使用は避けてもいいだろう。

3. ナツメグの栄養と効能とは?

ナツメグの栄養と効能とは?
ナツメグに多く含まれる銅は、ヘモグロビンに必要な鉄を運び、骨の形成を助ける。
また、保有成分ピネンは胃腸薬の成分としても有名で、消化や発汗を促してくれる。また、保有成分ミリスチシンには腸内環境を整え、食欲増進の働きがある。そのため、貧血や夏バテや食欲がない、胃が弱っているときなどは、ナツメグを積極的に摂取したい。
さらに、抗菌・殺菌効果のある成分オイゲノールにより、口臭予防も期待できる。

結論

ナツメグは、木の実の種を割った中身を粉末にしたスパイスだ。適量を守りさえすれば、香りのよさだけでなく健康にもよい効果をもたらしてくれる。肉のにおいを消すのに重宝するので、ハンバーグを作るときには加えてみるといいだろう。
  • 更新日:

    2022年9月18日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧