このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ぶなしめじを包丁なしで処理する

意外な結末!?「ぶなしめじ」を包丁なしで処理する裏技を試してみた

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年9月17日

頻繁に晩御飯にぶなしめじを使っているので、試してみたいと思い実践!簡単そうな裏技でしたが、やってみると意外に難しかったです。よけい手間が増えるという、残念な結果に…。

  

1. 簡単でおもしろそう!

簡単でおもしろそう!
裏技によると引き抜く瞬間が気持ちいいとのこと...。
簡単でおもしろそうと感じたので実践してみました。
やり方はぶなしめじを片手で押さえ、中央あたりから数本まとめて優しく引き抜くだけ。
晩御飯の時の調理を少しでも楽にするため、保存用袋に入れて冷凍することにします。

2. うまく抜けない...

うまく抜けない...
中央から数本持って優しく引き抜く...やってみるのですが、失敗が続きます。
底の部分まで一緒についてくるので、結局包丁で底の部分をカットする作業を続けました。
本来なら最初に包丁でゴソッとカットし、底部分としめじを引き離すのに...。
失敗するたび面倒な作業をすることになってストレスでした。

3. 結局最後まで失敗

結局最後まで失敗
最初はしめじがたくさん詰まっているからうまくいかないのかなと思っていました。
しかし最後のほうまで続けてみても、成功する気配なし。
大きいしめじが無くなった時点で、包丁でしめじと底部分をカットするに至りました。

結論

たまにしめじがうまく抜けたときは快感でしたが、抜けずにちぎれることが多かったです。
だから、失敗したしめじの底部分をカットする作業が増えてストレスに。
しめじを抜くときもゆっくり抜かないといけないので、とにかく時間がかかる印象でした。
  • 更新日:

    2022年9月17日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧