このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
乾麺の袋を閉じる

【この方法は天才的…】乾麺の袋を開け方は絶対コレ!実際に検証してみた

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年9月19日

そうめんなどの乾麺を袋から取り出した後、クリップでうまく閉じられない…。結局ジッパー付き保存袋に入れて封をすることが多々あります。そんな乾麺の悩みが、発想を少し変えるだけでいとも簡単に解決するのです。

  

1. はさみと輪ゴムを使って

はさみと輪ゴムを使って
乾麺を取り出した後、封ができない問題について解決してくれるのはハサミと輪ゴム。
なんと新しい乾麺を開けるときは、上側ではなく横側を切って開けるのです。
必要分取り出したら麺を端に寄せて...。
クルクル巻いて真ん中あたりを輪ゴムで止めれば、容易に封ができてしまいます。

2. 裏技のほうが頑丈

裏技のほうが頑丈
パスタやざるそばなどさまざな乾麺があるなか、今回は繊細なそうめんで実践。
麺を端に寄せ集めるので、そうめんはそう簡単に折れなさそうです。

3. そうめんを出すときのストレスなし

そうめんを出すときのストレスなし
上部の封を開ける場合、乾麺を袋から出すときがストレスです。
封をすることを考えると少ししか開けられないから。
その点、この裏技だとそうめんが側面からサッと出せました。
しかも輪ゴムがあればすぐに封もできるので、イライラしません。

結論

思いつきそうで思いつかない、便利でステキなアイデアです。
今まではそうめんを袋から出そうとするたびに、ストレスが多くてイライラしていました。
これからはこの裏技のおかげで、ストレスなくそうめんを使えそうです。
  • 更新日:

    2022年9月19日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧