このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
もやしの水切り

もうザルいらない!秒速で「もやしの水切り」ができる方法とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年9月21日

安くておいしいもやし。皮をむいたり切ったりせず、さっと使えて便利な食材ですよね。料理に使う前にもやしを洗ってザルで水気を切っている人も多いのではないでしょうか?そんな面倒な水切りが、ザルを使わずにできちゃうんです。さっそく試してみました。

  

1. もやしの袋を開ける

もやしの袋を開ける
裏ワザに特別な道具は必要ありません。
まず、もやしの袋の上部をハサミで水平に切り取ります。
ハサミがなければ手で袋をあけてもOK!

2. 袋の中に水を入れる

袋の中に水を入れる
次に、もやしの袋を広げ、中に水道水を流し込みます。
7割から8割程度の水量が目安。
もやしを洗うようにして袋をゆらします。

3. 袋の角を切る

袋の角を切る
最後に、袋の下の角をハサミで切ります。
水が勢いよく流れ出てきます。
これで本当にしっかりと水切りされているのでしょうか...?

4. 水切り完了

水切り完了
お皿に移してみました。
お皿をななめに傾けても、ほとんど水は出てきません。
しっかりと水切りできました!

結論

もやしの袋の中に水を入れてから袋の角を切ることで、簡単に水切りをすることができました。
ザルがいらないので洗い物が減って助かりますね。
袋ごと洗うので、キッチンにもやしが散らばらないのもうれしいポイント。
とても便利なこの裏ワザ、ぜひお試しください。
  • 更新日:

    2022年9月21日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧