このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
駐車場に並んだ車

せまい駐車場もこれで無傷!?絶対にドアを傷つけない「アレ」の正体とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年9月15日

せまい駐車場に車を止めた時、隣の車にドアをぶつけそうになってヒヤッとした経験はないだろうか。今回はそんな人に向けて、ある「最強アイテム」を紹介する。選び方や取り付け方も解説するので参考にしてほしい。

  

1. 被害を最小限にとどめる「最強アイテム」とは?

最大まで開いた状態の車のドア
おすすめなのは「ドアガード」だ。ドアガードは軟質素材でできており、高いクッション性がある。取り付けておけば、誤ってドアをぶつけても大きな被害にはならない。自分の車はもちろん、相手の車も守ってくれるので、トラブルを回避できるだろう。

2. ドアガードの選び方は?

黄色い車のドア
ドアガードは主に3種類ある。ピンポイントでガードしてくれる「通常タイプ」、広範囲をカバーできる「モールタイプ」が主流だ。さらに、縁石にドアがぶつかるのを防いでくれる「角用タイプ」もあるので、状況に応じて使い分けるといいだろう。

3. ドアガードの取り付け方

内側から車のドアを開ける男性
ドアガードは製品によって取り付け方が違う。両面テープで固定するドアガードであれば、接着力が弱くならないために、接着面についたワックスなどの油脂を拭き取っておこう。モールタイプなら、ドアに沿ってセロハンテープで仮止めしてから型押しすると、スムーズに取り付けられる。

結論

十分に注意していても、ドアを隣の車や駐車場の柱などにぶつける事故を完全に防ぐのは難しい。そうしたトラブルから愛車を守るためにも、ドアガードはおすすめだ。さまざま種類があるので、自分に合ったものを選んで取り付けてみてはいかがだろうか。
  • 更新日:

    2022年9月15日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧