このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
保存容器の臭いを取る

【保存容器の臭い問題はコレで解決!】意外な「アレ」を入れて振るだけで効果抜群!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年9月20日

密閉の保存容器って、料理の保存やお弁当箱代わりとして使えて便利ですよね。容器に移ってしまった臭いにお困りではないでしょうか?特にカレーやキムチなどを入れると、なかなかニオイが取れない…。そんな悩みを解決してくれる裏ワザがあるとのこと。さっそく試してみました。

  

1. 臭いのついた保存容器を用意

臭いのついた保存容器を用意
プラスチックの保存容器にキムチを入れます。
フタをして冷蔵庫で保存。
翌日、中身を取り出して多めの洗剤で容器をしっかり洗いました。
嗅いでみると...うっ、キムチくさい!
しっかり容器に臭いが染みついてしまいました。

2. 裏ワザに使うのは「塩」

裏ワザに使うのは「塩」
保存容器に塩を入れます。
小さじ1~2杯くらいは入れるとよいでしょう。
臭いが強い場合や容器が多い場合はもっと多めに入れてください。

3. 水を入れてよく振る

水を入れてよく振る
容器に8割くらいの水を入れて、しっかりとフタを閉めます。
そのまま1~2分シャカシャカと振りましょう。

4. 臭いがとれる

臭いがとれる
水を捨てて容器の臭いを嗅いでみました。
先ほど残っていた臭いがほとんどしません!
塩だけでここまで臭いが取れるなんて驚きです。
これなら臭いを気にすることなく、気持ちよく容器を使うことができますね。

結論

臭いが残った容器に塩と水を入れて振るだけで、簡単に臭いをとることができました。
塩には臭いの成分を吸着する効果があるそうですよ。
洗った後にちょっと臭いが気になるな...と思ったら、塩と水を入れて楽しく容器を振り振りしちゃいましょう。
とても便利なこの裏ワザ、ぜひお試しください。
  • 更新日:

    2022年9月20日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧