このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
洗濯槽

洗濯槽の裏のカビを一発で徹底洗浄!?たったひと手間で終わる「アレ」を使った掃除術とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年9月16日

汚れが目立っていないのに、洗濯機のにおいが気になることはないだろうか。その場合、洗濯槽の見えないところで、カビが繁殖している可能性がある。とくに湿度が高い時期はカビが発生しやすい。そこで今回は、洗濯機の掃除方法を紹介しよう。

  

1. 洗濯機を掃除する必要はある?

ドラム式洗濯機と拭く手
カビは水分や汚れを栄養にするため、汚れた衣類を入れたままにしたり、洗濯機のフタを閉めたままにしたりすると繁殖しやすくなる。カビはアトピーやアレルギーの原因にもなるので、1ヶ月に1回は洗濯機を掃除することを心がけよう。

2. 洗濯機の掃除にはどの洗剤を使えばいい?

カゴに入った掃除道具
おすすめなのは漂白剤や重曹だ。漂白剤には塩素系と酸素系があり、塩素系なら殺菌効果が高く、ドラム式洗濯機でも使用できる。ただ洗浄力が高いため、衣類の色が落ちる場合もあるので注意が必要だ。重曹は漂白剤ほど洗浄力はないものの、安価で肌にやさしいというメリットがある。

3. 酸素系漂白剤の使い方とは?

酸素系漂白剤
使い方は簡単で、40?50℃のお湯を洗濯槽にため、酸素系漂白剤を入れて放置しておくだけでいい。完了したら洗濯機のふたを開けておくことを忘れないでほしい。掃除の前に、洗剤投入口などの部品を取り外しておき、部品が汚れていたら個別にブラシなどで洗うといいだろう。

結論

洗濯機の掃除はつい後回しにしがちだが、カビなどの汚れを放置しておくと、皮膚炎やぜんそくなどの原因となりかねない。今回紹介した掃除方法も参考にしながら、定期的に掃除して洗濯機をきれいな状態に保とう。
  • 更新日:

    2022年9月16日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧