このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ニンジン

にんじんを長持ちさせるコツ!にんじんを買ったらまずやるべきこと

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年9月23日

根菜といえば保存の効くイメージだが、中でもにんじんは傷みやすい野菜だ。購入後すぐ冷蔵庫に入れたのに、数日経つと黒ずんでいたり、軟らかくなっていたり…。実はにんじんを袋のまま冷蔵庫に入れるのはNG!今回、にんじんを長持ちさせるコツがあると知り、実践しました。

  

1. にんじんを買ったらやるべきこと

袋に入れたにんじん
にんじんを買ったら、弱点である湿気と乾燥の対策が必要だ。

湿気対策として水気をよく拭き取ることで、傷みにくくなる。 1本ずつキッチンペーパーや新聞でくるみ、ポリ袋へ入れることで乾燥防止になる。

さらに、畑のにんじんを思い浮かべよう。

上に向かって育つにんじんは、冷蔵庫の中でも縦に置いてあげることが長持ちのコツ。 横向きにすると、縦に伸びようとする本来の働きに力が使われてしまい、早くしなびてしまうという。

2. にんじんを長持ちさせる方法をやってみた

キッチンペーパーで巻いたにんじん
キッチンペーパーで巻いて袋に入れたにんじん
買ってきたにんじんを水洗いし、キッチンペーパーで水気をよく拭き取る。 続いて、一本ずつキッチンペーパーで包み、数本まとめてポリ袋へ入れ、口を縛る。

にんじんが縦置きになるよう箱に入れて、冷蔵庫へ。

3本試したが、5分ほどで終わる簡単な作業だ。

3. 1週間後、2週間後のにんじんはどうなった?

にんじんと手
にんじんと手
1週間後のにんじん(写真上)を取り出してみると、キッチンペーパーが湿っていることに気づく。

触ると硬く、乾燥でシワシワになっている様子や黒ずみもない。 キッチンペーパーを取り替えて再度保存した。

2週間後のにんじん(写真下)も、1週間後と大差なし。 黒ずみや傷みがなく、きれいなにんじんのままだった。

結論

にんじんは、キッチンペーパーにくるんで袋に入れ、冷蔵庫に縦置きに保存すると長持ちする。

長持ちさせることができれば、食材の廃棄が減り、最後までおいしく食べることができる。 安いときにまとめ買いがしやすく、財布にも優しい。

にんじんを買ったら、長持ちしやすい状態で冷蔵庫にしまうところまでを習慣化してはいかがだろうか。
  • 更新日:

    2022年9月23日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧