このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
蚊取り線香

『蚊取り線香が効かない』理由は「アレ」が原因!?意外すぎる効果アップの裏ワザとは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年9月17日

昭和の夏の風物詩、蚊取り線香。久しぶりに蚊取り線香を使ってみたら、あまり効果がないと感じた人もいるかもしれない。今回は、蚊取り線香が効かない原因や効果をよりアップさせるコツを紹介していこう。

  

1. 蚊取り線香が効かない原因は設置場所?

スイカと蚊取り線香
蚊取り線香が効かない場合は、設置場所に問題があるかもしれない。蚊取り線香には、ピレスロイド系の有効成分が入っている。蚊取り線香に火をつけたときの煙によって有効成分が運ばれるため、煙の行き渡らせ方が重要なポイントなのだ。蚊取り線香の配置によっては、空間に煙が行き渡らない可能性がある。とくに屋外で使う場合は注意が必要である。屋外では複数箇所に設置したり、風上に置いたりして置き場所を工夫してみよう。

2. 蚊取り線香の使い方

蚊取り線香
蚊取り線香を使ったことがない人も多いのではないだろうか。そこで、2巻1セットの缶入りの蚊取り線香の基本的な使い方をおさらいしていこう。まずは、蚊取り線香1巻を取り出し、蚊取り線香の外側の端に火をつけよう。その後、火を消してくん焼させたら、線香皿に蚊取り線香を置けば完了だ。カバーやふたがある場合は設置しよう。

3. 蚊取り線香を使う際の注意点

蚊取り線香
蚊取り線香を使う際は、定期的に部屋の換気を行ってほしい。とくに乳幼児や妊婦などが部屋にいる場合は、よりこまめな換気が必要である。ペットや鑑賞魚などを飼っている方、アレルギー体質の方も気をつけてほしい。また、蚊取り線香には火災のリスクもあるので、子どもの手の届かない場所に保管しておくようにしよう。

結論

蚊取り線香があまり効かない場合、設置場所に問題がある可能性がある。空間全体に煙が行き渡るように、設置場所を工夫してみてほしい。蚊取り線香を使う際は、定期的に部屋を換気することを心掛けよう。とくに乳幼児や妊婦、ペットが部屋にいるときは注意してほしい。
  • 更新日:

    2022年9月17日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧