このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
靴を洗うための道具

靴の中に充満した悪臭が一発で消える!?『洗っても取れない靴のニオイ』が簡単にとれる裏ワザとは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年9月17日

暑くなってくると足が蒸れ、スニーカーの臭いが気になっている人もいるのではないだろうか。他人に迷惑をかけているかもしれない、と考えると気が気ではない。そこで今回は、スニーカーの中の悪臭を簡単にとる消臭術を紹介していこう。

  

1. スニーカーの臭いを熱湯で消すのはNG

スニーカーの側面
スニーカーの臭いを消すために、熱湯で洗おうと考えている人もいるかもしれない。結論からいうと、スニーカーの臭いを熱湯で消すのはNGだ。スニーカーの素材によっては、熱で変形や変色をしてしまうリスクがあるからだ。たしかに靴は消臭できるかもしれないが、お気に入りのスニーカーが劣化してしまったら意味がない。

2. スニーカーの洗い方

スニーカーとブラシと手
スニーカーの臭いが気になったら、まずは洗ってみることをおすすめする。まずは靴専用のブラシなどを使い、スニーカー表面のほこりや汚れを落としていく。ほこりや汚れが落ちたら、バケツにぬるま湯を張り、スニーカーを約15分つけておこう。その後、中性洗剤を使いブラシで汚れを落としていく。これで大部分の汚れは落ちるはずだ。ぬるま湯で洗剤を流し、洗濯ネットに入れ脱水をしたら、日陰で自然乾燥させて完了だ。

3. スニーカーの臭いを消す裏ワザ

干してあるスニーカー
スニーカーを洗う時間がない人は、今から紹介する裏ワザを試してみてほしい。最も手っ取り早いのは、スニーカーを日光に当てる方法だ。日光に当てるだけで、スニーカーの湿気が簡単に取れるため、臭いも軽減されるだろう。重曹で消臭する方法もおすすめである。不織布パックなどに重曹を入れ、靴の中に入れるだけでOKだ。他にも固形石鹸や10円玉を入れておく、消臭スプレーをかけるなどの方法がある。

結論

スニーカーの臭いが気になったときは、中性洗剤を使って洗うことをおすすめする。熱湯で洗うことは避けよう。熱でスニーカーが変形・変色する恐れがあるからだ。スニーカーを洗う時間がない人は、重曹や10円玉を靴に入れておく、日光に当てるなどの裏ワザを試してほしい。
  • 更新日:

    2022年9月17日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧