このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
そうめん

何が違うか知ってる?実は知らない『天つゆ』と『めんつゆ』の違いとは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年9月20日

天つゆとめんつゆの違いをご存じだろうか。どちらも冷蔵庫に常備しておくと便利そうな調味料だが、実は明確な違いがあるのだ。今回は、天つゆとめんつゆの違いについて解説していこう。

  

1. 天つゆとめんつゆの違い

器に入った天つゆ
天つゆに天ぷらを食べる際に使う調味料で、ダシがベースとなっている。醤油、みりん、砂糖が含まれていて、甘めに味付けされているのが特徴だ。一方でめんつゆは、そうめんやざるうどんを食べるときに使う。醤油がベースになっており、ダシ、みりん、砂糖などが含まれている。天つゆに比べてめんつゆのほうが基本的に味が濃い。

2. 天つゆはめんつゆで代用できる

皿に盛りつけられた天ぷら
天つゆはめんつゆで代用できることをご存じだろうか。めんつゆを使って天つゆを作る方法を紹介していく。鍋にめんつゆとみりんを入れて沸騰直前で火を止め、冷ませば完成である。電子レンジでも調理可能だが、アルコール分を飛ばすためによく加熱することが重要である。濃縮タイプのめんつゆを使う場合は、パッケージに記載されている分量を参考に量を調整しよう。

3. めんつゆを使わずに天つゆを作る方法

麺と箸とめんつゆ
実は、めんつゆを使わなくても天つゆを作ることは可能である。昆布、かつお節、醤油、みりんを用意しよう。まずは鍋に昆布と水を入れて1時間ほど放置し、鍋を火にかけて沸騰直前で昆布を取り出そう。続いてかつお節を鍋に入れ、アクを取ったら鍋底に沈んだかつお節をザルなどでこす。ダシができあがるので、あとは醤油とみりんを入れてひと煮立ちさせれば完成だ。簡単にできるので、めんつゆを切らしているときはぜひ試してほしい。

結論

てんぷらを食べるときに使う天つゆはダシがベースとなっている。一方で、そうめんなどを食べるときに使うめんつゆは醤油がベースとなっている。天つゆに比べて、めんつゆのほうが基本的に味が濃いという特徴もある。めんつゆから天つゆを作ることもできるため、ぜひ試してほしい。
  • 更新日:

    2022年9月20日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧