このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
カップラーメン

カップ麺はアレと一緒に食べれば『太らず済む』ってホント!?覚えておきたい「驚きの食べ合わせ」とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年9月19日

お湯を入れて待つだけで、あっという間に完成する「カップ麺」。食事を手軽に済ませられる一方で、栄養面が気になる人もいるはずだ。そこで今回は、カップ麺を食べるときの注意点を紹介する。カップ麺を食べる機会が多い人は、ぜひ参考にしてほしい。

  

1. カップ麺を食べると太りやすいって本当?

味噌ラーメン
カップ麺のカロリーは、100gあたり400~450kcalである。さらに約20gの脂質が含まれており、太りやすい食材であることに間違いはなさそうだ。糖質は50g前後、塩分は6g前後といずれも高めである。塩分は過剰に摂取すると、むくみの原因になるので注意が必要だ。手軽に食べられるからといって、おにぎりやパンと一緒に食べている人はとくに気を付けてほしい。

2. 夜遅くにカップ麺を食べるのはNG?

カップラーメンを食べようとしている男性
夜はエネルギーを消費する機会が少ないため、食べたものがそのまま体脂肪として蓄積されがちだ。夜食の影響で朝食が食べられないと、生活がより不規則になってしまう。カップ麺に関わらず、遅い時間帯に食事をとることは避けてほしい。仕事などの都合があるかもしれないが、食事はできるだけ早い時間帯に済ませよう。

3. カップ麺を食べるときの注意点

チキンサラダ
カップ麺だけを食べていると、タンパク質やビタミン類が不足しがちになる。栄養バランスを考慮し、鶏肉や卵、サラダなどを積極的に献立へ取り入れよう。また、スープを飲み干さないことも大切なポイントだ。半分以上残せば、なんと約30~50%の減塩になる。健康面に気を付けたい人は、ぜひ実践しよう。

結論

カップ麺ばかりを食べていると、太りやすくなるので注意が必要だ。タンパク質やビタミン類を献立に取り入れ、スープは極力残すようにしてほしい。夜食として食べることも、避けた方がよいだろう。
  • 更新日:

    2022年9月19日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧