このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ゆで卵

爆発させずに『電子レンジでゆで卵』が作れるって知ってた?時短できる裏ワザ調理術

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年9月20日

小腹が空いたときに重宝する「ゆで卵」。ダイエットに用いられることもある優秀な食材だが、調理に時間がかかるという難点がある。今回は、時短でゆで卵を作る方法をお伝えする。主に3つの方法があるので、自分に合ったものを選んでいただきたい。

  

1. ゆで卵を時短で作る基本の方法

鍋の中のゆで卵
ゆで卵を作るときは、たっぷりのお湯で7~10分程度ゆでるのが一般的だ。時短で作りたいときは、次の手順を実践してほしい。
【時短で半熟卵を作る方法】
  • フライパンに水を1cm程度注ぐ
  • 卵を入れ、フタをして加熱する
  • 沸騰して3分程度経過したら、火を止めて3分放置して完成
火にかけてからあっという間に沸騰するので、10分足らずで仕上がるのがうれしいポイントだ。固ゆでにしたいときは、加熱時間を6分くらいに延長しよう。

2. 電子レンジで作る時短のゆで卵

電子レンジ
ゆで卵は、実は電子レンジでも作れる。手順は次の通りだ。
【電子レンジでゆで卵を作る方法】
  • アルミホイルで、隙間ができないように卵を包む
  • 卵をマグカップへ入れ、かぶるくらいの水を注ぐ
  • ラップをふわっとかぶせたら、500Wの電子レンジで5分程度加熱する
  • そのまま5分ほど放置して完成
爆発を防ぐために、卵をアルミホイルで包んで水に浸すことを徹底してほしい。また、この方法は卵1個の場合の作り方だ。1個増えるごとに加熱時間が5分プラスされるので、2個以上ゆでる場合はおすすめしない。

3. 炊飯器で作る時短のゆで卵

炊飯器
なんと炊飯器を使って、炊飯と同時にゆで卵を作る方法がある。次の方法を試してほしい。
【炊飯器でゆで卵を作る方法】
  • 普段と同じように、米と水を炊飯器へセットする
  • 卵を水で洗い、米の上へのせる
  • 炊飯スイッチを押して、炊きあがれば完成
炊飯時間によっては時間がかかるが、炊飯とゆで卵作りが一度にできるという利点がある。炊けたご飯が、卵の殻にくっつくことに抵抗がある人は、アルミホイルやラップで卵を包んで調理するのがおすすめだ。

結論

今回は、ゆで卵を時短で作る方法をいくつか紹介した。それぞれ異なるメリットがあるので、自分に合った方法を試してほしい。ゆで時間がネックだと感じていた人は、これを機にゆで卵作りに挑戦してはいかがだろうか。
  • 更新日:

    2022年9月20日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧