このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
二つの瓶

どうしても固くて開かない『瓶を一瞬で開封』できる究極の裏ワザ集を大公開!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年9月20日

瓶の蓋が開かずに困ったという経験をした人は多いのではないだろうか。瓶の蓋の開け方にはいろいろあるが、今回は簡単にできる方法から、道具を使ったやり方まで紹介するので、蓋が開かない時に役立ててほしい。

  

1. 瓶の蓋が開けづらくなる原因

冷蔵庫の中身
ひとつには、冷やされて蓋が収縮してしまうからだ。密閉性を高めるため、瓶の蓋は温度によって伸縮する素材が使われており、低温時には収縮する性質があるので開けづらくなるのだ。また内容物がジャムなど粘着性のあるものだと、それが接着剤となり開けにくくなる。

2. 道具を使わない開け方

瓶とふた
簡単な方法としておすすめなのが、蓋ではなく瓶のほうを回す開け方だ。直径が大きいほど力をかけられるため、瓶を回すほうが開けやすくなる。そのほか、瓶の底や蓋を叩いてみるのも有効。衝撃で瓶と蓋の間に空気が入り開けやすくなるのだ。

3. 道具を使う開け方

スプーン
身近にあるもので開ける方法は以下の通りだ。

スプーン:スプーンを瓶と蓋の間に差し込み、空気を入れて密閉性を低くして開ける
輪ゴム:滑り止めの代わりに、幅いの広い輪ゴムを瓶の蓋に取り付けて回す
ゴム手袋:ゴム手袋をはめて蓋を回せば、滑りにくくなり開けやすくなる
ドライヤー:蓋をドライヤーで温めると金属が膨張して回しやすくなる。ライターでも代用できる

結論

瓶の蓋が開かない時には、今回紹介した方法をまず試してみよう。道具がなくても開ける方法はあるので、根気強くトライしてほしい。また力を入れて開ける際には、怪我などをしないように、安全に留意して行おう。
  • 更新日:

    2022年9月20日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧