このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
窓を開ける手

たった5分の『空気の入れ替え』!?一瞬なのに感染予防以上の驚くべき効果とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年9月21日

気分をリフレッシュするだけでなく、健康上、衛生上でも重要な役割を持つ空気の入れ替え。具体的にどんな効果があるのか、詳しく知る人は少ないのではないだろうか。今回は、理想的な空気の入れ替え頻度や時間、効率的な方法まで紹介したので、参考にしてほしい。

  

1. 空気中のハウスダスト・ウイルスを排出!結露の防止にも効果あり

窓
適切に空気の入れ替えを行えば、部屋に潜んでいるハウスダストやウイルスを排出できる。人が集まるときは、くしゃみや咳でウイルスの濃度が高まりすいため、空気の入れ替えを行おう。また、冬場は暖房器具を使用することによる結露も発生しやすい。湿気を含んだ空気はカビ発生の原因になりやすいため、乾燥した外の空気での換気がおすすめだ。

2. 空気の入れ替え時間と頻度はどのくらい?

空
理想的な空気の入れ替え頻度は、2時間に1度といわれている。さらに、空気が乾燥する時間を狙うのがおすすめ。春から夏は昼から夕方4時、秋から冬は昼から2時頃までを目安にしよう。6~8畳程度の広さなら、効率的に空気を入れ替えれば5分で完了するため、時間をかける必要がないことも念頭に置いておこう。

3. 効率的な空気の入れ替え方法

開けられた窓
開ける窓は、対角線上にある2か所を意識したい。窓は全開にはせず、入り口は「狭く」、出口は「広く」が鉄則だ。小さな隙間から勢いよく空気を取り込み、広い出口から部屋の中のウイルスやハウスダストをたくさん排出していこう。

結論

空気の入れ替えによる効果を解説した。しかし、花粉が飛び交う季節は、外の花粉が部屋の中にまで入り込んでしまうというデメリットもある。メリット、デメリットを踏まえながら、定期的な換気を心がけてみてはいかがだろうか。
  • 更新日:

    2022年9月21日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧