このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
話題の『トイレットペーパーの折り方』

トイレが楽しくなるって一体何!?もはやアートな『トイレットペーパーの折り方』が凄すぎる理由とは…

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年9月23日

トイレットペーパーの折り方といえば「三角折り」が有名だ。トイレの清掃後に三角折りをしている店舗やホテルも少なくない。自宅にお客さんを招いたときに、おもてなしの気持ちから折っている方もいるだろう。実は三角以外にもさまざまな折り方がある。そこで、簡単な折り方から話題のアレンジまで紹介しよう。

  

1. 三角以外が人気!簡単リボン型の折り方

三角以外が人気!簡単リボン型の折り方
トイレットペーパーの折り方で、かわいいのが「リボン」だ。簡単に折れるので初心者におすすめである。
まず、リボンの中心となる部分を作るため、トイレットペーパーを1枚切り取り1cm幅程度の縦長に折る。次に、トイレットペーパーをジャバラに折ろう。細かく折ればボリュームが出やすい。最初に作った縦長のペーパーをジャバラの中央に巻き付け、ペーパーホルダーに差し込み固定する。プリーツを広げてととのえれば、かわいいリボンに仕上がる。

2. おもしろくて簡単!富士山型の折り方

おもしろくて簡単!富士山型の折り方
三角以外で代表的な折り方として「富士山」がある。リボン型と同様、子どももチャレンジしやすいシンプルな折り方だ。
はじめに、トイレットペーパーの先1.5cmほどを内側に折り込む。次に、中心に向かって両端をそれぞれ三角に折ろう。山の頂点が下に来ている状態だ。最後に山のふもと部分から上に向かって折り返せば、完成だ。

3. 難易度高め。おしゃれなハート型の折り方

難易度高め。おしゃれなハート型の折り方
折り紙で作るハートと同じ方法で、トイレットペーパーもハート型に折れる。
まずはバツ印の折り目を付けるために、右端を左上へ、左端を右上へ追って戻す。そのあと、バツ印が交わるところを中心に、下から上へ折り曲げよう。次に左手でトイレットペーパー下部の中心を抑えながら、内側を開くように右側の上部を左側上部に合わせる。逆二等辺三角形になるはずだ。さらに左上頂点を右上頂点と重なるように折り曲げよう。左側も同じように折る。
それから、上に重なっているペーパーの左右を真ん中に向かって折ると、小さな三角ができる。下部の頂点を抑えながら、左右それぞれの内側にある谷折り部分を引き出し、外側のラインに合わせて折ろう。ひし形になるので、左右上部の三角形を真ん中から開いてつぶすとハート型が現れる。

結論

トイレットペーパーの折り方は簡単なものから複雑なものまでさまざまだ。基本的な折り方は折り紙と同じなので、慣れればオリジナルの折り方ができるようになるだろう。子どもたちと一緒に折れば、トイレタイムも楽しめるのではないだろうか。
  • 更新日:

    2022年9月23日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧