このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ゴーヤ調理方法

「ゴーヤ」はこの食べ方が正解って知ってた?覚えておくべき『栄養を逃さない調理方法』とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年9月21日

沖縄料理に欠かせない野菜といえば、ゴーヤを思い浮かべる人が多いだろう。現在は全国各地のスーパーで購入できるが、食べ方がよく分からない方もいるかもしれない。今回は、ゴーヤの栄養を逃さない調理方法を紹介していこう。

  

1. ゴーヤの栄養成分

ゴーヤの栄養成分
ゴーヤのカロリーは100gあたり15kcalと低く、ビタミンCは100gあたり76mgと多いのが特徴だ。水溶性ビタミンであるビタミンCは熱に弱い性質があるが、ゴーヤに含まれるビタミンCは加熱しても損失が少ないといわれている。その他にも、カリウム、ビタミンA、食物繊維などが多く含まれている。

2. ゴーヤの栄養を逃さない調理方法

ゴーヤの栄養を逃さない調理方法
ゴーヤに含まれる栄養を少しでも逃したくない人は、今から紹介する調理方法を試してみてほしい。ゴーヤの苦味成分「モモルデシン」は、胃腸を刺激したり、食欲を増進させたりする効果があるといわれている。ゴーヤの苦味をやわらげるためには、塩もみをしたり、下茹でをしたりする方法が一般的だ。しかし、これらの方法には医学的根拠がない。
対して、ゴーヤ料理に使われることが多いかつお節には、ゴーヤの苦味を吸着する性質があることが解明されている。ゴーヤ料理にはかつお節を使うのがよいだろう。また、ゴーヤに含まれるカリウムは水に溶けやすいため、生で食べたほうが効率的に摂取できるだろう。

3. ゴーヤの栄養を増やす育て方

ゴーヤの栄養を増やす育て方
自宅でゴーヤを育てる場合、ポイントさえおさえればゴーヤの栄養を増やすことができるのだ。日当たりがよくなるように、斜めに誘引することをおすすめしたい。また、ゴーヤは成長しすぎるとビタミンCが減少するため、早めに収穫するのがおすすめである。

結論

ゴーヤは低カロリーでありながら、ビタミンCやカリウムなどの栄養が豊富に含まれている。ゴーヤの苦味成分「モモルデシン」を逃さないためには、日当たりの良さや早めに収穫することを徹底しよう。
  • 更新日:

    2022年9月21日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧