このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
家のキーホルダーがついた鍵

「今すぐアレしないと危ないです。」鍵を無くしたとき最初にすべき行動とは?鍵交換の費用も種類別で徹底比較!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年9月22日

鍵を紛失したり故障で鍵が開かなくなったりした場合に慌ててしまった経験はないだろうか。自分の住んでいるところが持ち家か賃貸かによっても対処する行動は変わってくる。ここでは鍵を無くした時に最初に行うことや、交換のタイミングなどについて解説しよう。

  

1. 鍵を無くした時に最初にする行動は関係各所への連絡

屋外に落ちた鍵
持ち家の方が鍵を無くした時に最初にすることは鍵の交換業者に連絡すること。一方分譲マンションや賃貸物件の場合は、最初に管理会社へ紛失した旨を連絡しよう。契約内容によっては鍵を紛失した際の事項が記載されているからだ。そしてどの住居でも共通して大切なのが警察へ遺失届を提出すること。合鍵で侵入されるトラブルを防ぐためにも、警察への連絡は忘れずに行おう。

2. 玄関の鍵を交換する際の費用相場

鍵の交換をする手
鍵の交換を専門業者に依頼した場合の相場は、作業代だけでシリンダーの交換に10,000円~15,000円、鍵ケースやハンドルレバーなどの錠前部分の交換に15,000円~20,000円程度かかる。より防犯性能の高いディンプルキーへ交換する場合は約30,000円~40,000円が相場だが、ドアノブのタイプによって費用は異なるため、鍵の交換前に業者に確認しておこう。

3. マンションの鍵交換は可能?

鍵を開ける手
多くの場合、賃貸マンションでも鍵交換はできる。しかし自己判断で行うのではなく、必ず事前に管理人や不動産仲介業者に確認しよう。物件のオーナーがいる場合はオーナーへの連絡も忘れずに。マンションの鍵を交換する場合は分譲・賃貸問わず実費負担となる。オートロックがついたマンションはオートロック部分の交換費用も必要となるため余分に費用がかかることを覚えておこう。

結論

鍵を紛失すると思わず慌ててしまうが、あらかじめ対処法がわかっていれば落ち着ける。自宅の鍵の種類や鍵交換にかかる費用を事前に確認しておけば、よりスムーズに行動できるだろう。万が一の際に慌てないよう本記事を参考に備えておこう。
  • 更新日:

    2022年9月22日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧