このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
浴室

ゴシゴシこするのは時間のムダだった!?浴室鏡の『ウロコ汚れをサラッと一瞬で落とす』裏ワザとは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年9月23日

お風呂の鏡にウロコ状の汚れが付着し、見にくいと感じたことはないだろうか。スポンジでこするだけでは、なかなかキレイにならないはずだ。そこで今回は、鏡のウロコ汚れを落とす方法について解説する。対策も紹介するので、あわせてチェックしてほしい。

  

1. お風呂の鏡にウロコ汚れがつく理由

シャワー
お風呂の鏡についた水道水が乾燥し、炭酸カルシウムやケイ酸塩といった成分だけが鏡に残ってウロコ状の汚れになる。シャワーを使ったときに飛び散った水滴が、最終的にウロコ汚れとなるのだ。炭酸カルシウムには酸性の洗剤が有効だが、ケイ酸塩は簡単には落とせない。場合によっては、道具を使って削り落とす必要があるだろう。

2. ウロコ汚れを落とす方法

クエン酸とクエン酸水
ウロコ汚れを落とす際は、クエン酸を用いるとよい。次の方法でキレイにしよう。
【鏡のウロコ汚れを落とす方法】
  • 200mlの水に小さじ1のクエン酸を溶かし、スプレーボトルへ入れる
  • クエン酸水を鏡全体へ噴霧し、キッチンペーパーを上から貼る
  • キッチンペーパーの上にクエン酸水を再度噴霧し、ラップで覆う
  • 30分~2時間ほど放置し、ラップとキッチンペーパーを外す
  • スポンジで鏡をこすり、シャワーで全体を洗い流す
  • 乾いたタオルやマイクロファイバークロスで、残った水分を拭き取って完了
この方法でキレイにならない場合は、研磨剤が入った洗剤やスクレーパーを使って汚れを落とそう。

3. ウロコ汚れの付着を防ぐために

濡れた浴室とシャワー
お風呂の鏡にウロコ汚れをつけないためには、鏡の表面に水分を残さないことが重要だ。お風呂から出る前に、乾いたタオルやマイクロファイバークロスなどを使って、残った水分を拭き取ってほしい。洗濯物を増やしたくない人は、体を拭いたタオルを使い回すのがおすすめだ。家族の協力を仰ぎながら、キレイな状態を維持しよう。

結論

お風呂の鏡についたウロコ汚れは、クエン酸水を使って落とすとよい。それでもキレイにならない場合は、ほかの道具を使って汚れを削り落とそう。掃除の手間をかけないために、日頃から鏡に水分を残さないことが大切だ。
  • 更新日:

    2022年9月23日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧