このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
自然の映像が映ったテレビ

テレビの「32V型」と「32型」って何が違うか知ってる?誤解が多いサイズ選びの『知って得する真実』

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年11月25日

テレビのサイズに表記されている「V」の意味を知っているだろうか?「32V型」と「32型」のテレビは、同じ値段でも大きな違いがある。今回は、V型とインチの表記の違いと適切なサイズの選び方について解説しよう。

  

1. 違いは画面の大きさにフレームを含めるか含めないか

テレビ
「V」は、実際に映像が流れる画面のサイズを示している。「インチ」のみが表記されていた場合、テレビのフレームに隠れている部分までを示す。つまり「60V型」の方が、「60型」よりも画面が大きく見えるのだ。

2. テレビの最適なサイズの選び方とは?

テレビと人の足
テレビは、必ずしも大きければよいというわけではない。場合によっては、強い圧迫感で部屋が狭く感じることもある。フルHDテレビの最適な視聴距離は、一般的に「画面の高さの約3倍」だ。画面の高さが約39cmの32V型テレビであれば、約1.2mが最適な距離といえる。4.5~6畳の部屋では、1.5m程度の視聴距離を確保できる40V型のテレビが最適だろう。8畳~10畳であれば52V型、10畳以上であれば60V型のテレビが適している。

結論

テレビを購入する際は、視聴距離や部屋の広さを考慮してサイズを決めよう。小さすぎると視聴しにくく、大きすぎると圧迫感が強くなる。テレビのサイズ表記や厚みもあわせて考慮しながら、最適なテレビを選んでほしい。
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2022年11月25日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧