このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
IH

IHコンロの寿命って何年か知ってる?寿命を知らせるサインと対処法とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年11月23日

IHコンロは、スイッチひとつで調理スタートできるなど、使い勝手のよさが人気だ。しかしいつかは寿命を迎える。そこで今回は、IHコンロの寿命を知らせる症状や交換費用について解説するので、ぜひ参考にしてほしい。

  

1. IHコンロの寿命のサイン

IHの上のフライパン
IHコンロの耐用年数はメーカーによって異なるが、約10年が目安となる。ただ実際には8~15年で買い替え時を迎えることが多い。IHコンロの寿命を知らせるサインとしては、「温まりが遅くなる」「音が大きくなった」などがあるので、そうした症状が出ていないかチェックしてほしい。

2. IHコンロの修理費用と交換費用

交換中のIH
IHコンロの修理費用は、保証期間内なら無料だが、過ぎている場合は有料となる。故障箇所によって費用は違うが、数万円以上となる場合が多い。交換費用についても、IHコンロの大きさや熱源の口数によって異なっており、小型のタイプなら6万円、一般的なタイプなら10万円は見ておいたほうがいいだろう。

3. IHコンロの処分方法は3種類

卓上IH
まず売ることが挙げられる。業者の買取条件などを調べて、自宅の製品を買い取ってもらえるかを確認しよう。次に捨てる場合だが、家電量販店に引き取ってもらう、自治体のゴミ回収を利用するなどの方法がある。そして不用品として回収業者に引き取ってもらうことも可能だ。

結論

IHコンロは便利だが、家電である以上使っているうちに不具合が生じることも出てくる。今回紹介したような症状が見られたら寿命のサインかもしれないので、買い替えを検討しよう。処分方法も参考にしてほしい。
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2022年11月23日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧