このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
スマホを掃除する手

『画面をティッシュで拭く』は絶対ダメ!スマホの注意するべき故障を招く原因と正しい掃除方法とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年11月24日

スマホの汚れが気になるとき、何で拭いているだろうか。実はスマホは、掃除する方法が肝心。誤った掃除方法をしてしまうと故障の原因にもなる。大切なスマホを壊してしまうことがないよう、ここではスマホの正しい掃除方法を紹介する。

  

1. スマホはクロスやノンアルコールティッシュ、綿棒を使って掃除しよう

スマホとクリーニングクロス
スマホは持ち歩くことが多いため、さまざまな汚れが付着している。スマホの掃除にはクリーニングクロスがおすすめだ。細かい繊維が皮脂汚れを取り除き、液晶を傷つける心配もない。クリーニングクロスだけでは落ちきらない汚れは、スマホや液晶画面専用のノンアルコールウエットティッシュで拭くとよい。接続端子の掃除には、先を細かく加工した綿棒を使用するとホコリをキレイに取り除ける。ただし、接続端子を傷つけてしまうおそれがあるので、綿棒を奥に入れすぎないようにしよう。

2. 間違ったスマホの掃除方法とは

スマホとミニチュアのほうき
画面についた指紋などを掃除するのに使用しがちなティッシュ。一見キレイになった気がするが、実際は雑菌や汚れは落ちていないことが多い。雑菌を消毒できるアルコール含有のウエットティッシュでも拭きたくなるが、スマホによってはコーティングが溶けてしまったり、変色してしまったりする可能性も。接続端子についた汚れをむりにほじくったり、エアダスターや息を吹きかけたりすることも故障の原因となるので避けよう。

3. スマホ内のデータもスッキリさせよう

スマホとデータを取り出す手
スマホの内部データを掃除することもおすすめ。不要な写真や動画を消去したり、長い間使っていないアプリを削除したりすることで、スマホのデータもすっきりすることができる。スマホの動作が重くならないよう、キャッシュも削除するとよい。

結論

身近なものだからこそ汚れが気になるスマホ。間違った掃除方法は故障の原因となるので、正しい方法で掃除をするようにしよう。スマホ内部の掃除もすると、より快適にスマホを使用することができるのでぜひ試してみてほしい。
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2022年11月24日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧