このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
エアコンのリモコンを操作する手

エアコンの寿命って何年?知らないと損する【寿命を縮めるNG行為】

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年11月14日

朝晩が冷え込むようになり、エアコンをつけ始めている人もいるはずだ。「いざという時に使えない」ということがないよう、エアコンの寿命を知らせるサインについて知っておこう。寿命を延ばすためのポイントも、あわせて紹介する。

  

1. エアコンの寿命の目安

緑のある部屋のエアコン
メーカーに関わらず、一般的にエアコンの寿命は10年程度とされている。これは「標準使用期間」といって、家電が製造された年から安全に使える期間のことだ。ちなみに平均使用年数は13年程度と、標準使用期間に比べて少し長めである。壊れるまで使用しても構わないが、標準使用期間を過ぎるとトラブルが発生する可能性があることを知っておいてほしい。

2. 寿命が近付いているサインとは?

ブレーカー
ここ最近、冷暖房の効きが悪くなったと感じることはないだろうか。エアコンの内部を掃除しても改善されない場合、寿命が近いかもしれない。ほかにもエアコンをつけた時に異音や異臭がないか、エアコンの操作がきちんとできるかどうかもチェックすべきポイントである。故障が疑われる場合は、早めに業者を手配しよう。

3. エアコンを少しでも長く使うために

エアコンのフィルター
エアコンの設定温度に気を付けることが、寿命を延ばすことにつながる。節電の意味も込めて夏は28度、冬は20度前後を一つの目安にしてほしい。エアコンを使わない時期も、月に一度は稼働させて動作確認をしよう。また、定期的な掃除も欠かせないポイントだ。1〜2週間に一度はフィルターをキレイにし、室外機は数ヶ月おきに掃除しよう。ホコリや枯れ葉があれば取り除き、ドレンホースに詰まりがないかチェックしてほしい。

結論

エアコンの平均使用年数は13年程度だが、標準使用期間は約10年だ。メーカーが定めた標準使用期間を過ぎると、トラブルが発生する可能性があるので、思い切って買い替えるのも一つの選択肢である。
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2022年11月14日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧