このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
小松菜の再生

豆苗だけじゃない!「あの野菜」も根っこを水につけるだけでグングン再生!知って得する超簡単な栽培方法とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年11月24日

使ったあとの根っこを水につけておくだけでグングン伸びる「再生野菜」。豆苗がとくに有名ですよね。最近はリボーンベジタブル(Reborn Vegetable)、略してリボベジと呼んで育てている人が増えているそうです。実は食卓に欠かせない「あの葉野菜」もリボベジのひとつ。さっそく育ててみたので経過をお伝えします。

  

1. 小松菜を育ててみよう

小松菜を育ててみよう
「リボベジする葉野菜」は、小松菜です。
小松菜の茎をよく見ると、小さな葉っぱがついていますよね。
この小さな葉っぱがグングン立派に成長するのだそうです。

2. 若い芽を残してカットする

若い芽を残してカットする
やり方は簡単。若芽を残すために、小松菜の茎を長めにとってカットします。
上の葉っぱはいつも通り料理に使ってくださいね。

3. 根っこのところだけを水につける

根っこのところだけを水につける
コップなどの縦長の容器に入れて、水を入れます。
水は根っこ部分が浸るくらいでOK。あとは1~2日置きに水を取り替えながら成長を待ちましょう。

4. 日の当たる場所で育てましょう

日の当たる場所で育てましょう
置き場所は、適度に日の当たる窓辺がおすすめ。
肥料もなく水だけで成長できるのか、ちょっと心配でしたが...。

5. 1週間が経過

1週間が経過
水に差して1週間もすると、小松菜の葉っぱがどんどん大きくなってきました。
水だけでこんなに大きくなるなんて!小松菜の生命力、おそるべし...。

結論

食べられるようになるのは、水に差してから2~4週間が目安。葉っぱが成長しはじめるとどんどん水を吸うので、1日置きにチェックしてあげてくださいね。
そのうちポロッと落ちる茎が出てきますが、気にせず取ってしまって大丈夫です。
水栽培だから害虫の心配もなし!ぜひ気軽にチャレンジしてくださいね。
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2022年11月24日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧