このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
包丁の切れ味

「こんな使い方あったの(驚)!?」アルミホイルが万能すぎた!キッチン用品の切れ味も蘇る『驚きの裏ワザとは』

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年11月17日

調理する際に書かせない包丁!しかし長く使っていると、どうしても切れ味が悪くなり切りにくくなってしまいますよね…そんな時はアルミホイルを使うだけで切れ味が元通りになるという記事を見つけました!今回は「本当に切れ味が良くなるのか」検証します。

  

1. アルミホイルを丸める

アルミホイルを丸める
15cmほどにアルミホイルを切り、軽く丸めます。
丸めすぎると固くなってしまうので優しく力を入れてください。

2. 切る

切る
丸めたアルミホイルを包丁で数回切るだけ!
今回は大体10回切り込みました!
石で研ぐように何度も切込みを入れるのがポイントです!
(手を切らないように気をつけましょう。)

3. 切れ味を試す

切れ味を試す
ある程度包丁をアルミホイルで切ったので野菜を切って切れ味を試してみました。
スパーンときれいに真っ二つになりました!
切れ味もよく、野菜にダメージを与えず切れたので断面や見た目もきれいです。

結論

なかなか刃が入りづらかった野菜もきれいに切ることができました!
「砥石で、わざわざ研ぐのはめんどくさい。」という時に使える裏技ですね!
時間もかからないので応急処置にはバッチリです。
お手軽にできるので、ぜひ試してみてください!
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2022年11月17日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧