このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
のり塩れんこんチップス

【何個あっても足らない…!】れんこんで作ったカリカリチップスが超ウマい!おつまみにピッタリなレシピとは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年11月14日

皆さんはれんこんを食べるとき、煮物やきんぴらにする方が多いのではないでしょうか。れんこんは和食の出番が多くなりがちですが、気軽におやつとしても食べられます。「れんこんチップスを食べたことがある」というあなた、さすがです!今回はのり塩味のれんこんチップスを紹介します。大人はもちろん、子どもにもおすすめですよ!

  

1. どんなレシピ?

どんなレシピ?
のり塩味のれんこんチップスをご紹介します。
ただ揚げるだけなんてもったいない!
サクッとして、香り豊かなおやつ時間を楽しみませんか?
計量も少ないので、少ない手間でできますよ!

2. 実際に作ってみた

実際に作ってみた
材料 (3人分)
  • れんこん 90g
  • サラダ油 適量
味付け
  • 青のり 小さじ1杯
  • 塩 ひとつまみ
作り方
  • れんこんは包丁でできるだけ薄切りにします。(薄切りのれんこんを購入してもOK)
  • 水にさらして水気を拭き取ります。
  • 170℃の油でカラッとするまで揚げます。(素揚げ)
  • 揚がるまでに青のりと塩を混ぜます。
  • 揚がったら青のりと塩をかけて完成です。

3. 作ってみた結果

作ってみた結果
れんこんの下処理が面倒でしたが、これさえクリアできれば後は揚げて味付けだけなのでそこまで難しさは感じませんでした。
食べたいときに準備が面倒と感じるなら、下処理された薄切りれんこんを買っておいて、調理するのもいいと思います。
揚げ時間ですが、ひとつ食べてみてガリッゴリッという音がするくらいの揚げ方にすると、チップスという名にふさわしい感じです。
全体が同じくらいの太さのれんこんを使いましたが、揚げる前後の大きさを比較すると、かなり縮んでいます。
あとから味をつけるので、そのままで食べたり濃いめにしたりと、好みによって味の濃さを調整しやすいのもいいでしょう。

結論

れんこんチップスはただ揚げるだけでできますが、のり塩味にすることで、さらにおいしくなりました。
手軽においしく食物繊維が摂れるので、大人はもちろん、子どものおやつにもいいと思います。
これを機会に時々作ってみようと思います!
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2022年11月14日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧