このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ウォーキングする男性の足

『ウォーキング』は食後と食前どっちがいいの?タイミングで効果が変わる驚きの理由と正しい運動方法とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年11月21日

体型や健康の維持ためにウォーキングを日常に取り入れている方は多いのではないだろうか。実はウォーキングするにあたって、食前と食後のタイミングで効果が変わってくるのをご存知だろうか。今回はウォーキングをする際のポイントやおすすめのタイミングをご紹介しよう。

  

1. 体型や健康の維持には食後のウォーキングがおすすめ

食事を終えた皿
食後のウォーキングは効率よく糖質を消費できるため、体型維持や健康維持におすすめだ。エネルギーとして消費されず脂肪へと糖質が変わるのを防ぐ効果が期待できるだろう。また交感神経を優位にするウォーキングの特性を利用し、食後に眠くなりにくいというメリットもある。

2. ダイエット目的なら食前に取り入れよう

体重計に乗る男性
糖質を消費した状態の食前にウォーキングすることで、身体に蓄積された体脂肪が燃えやすくなる。また交感神経を優位にし、空腹を感じにくくすることで食べすぎを防止する効果もある。つい食べ過ぎてしまう人はぜひ食前にウォーキングを取り入れよう。

3. 食事前後のウォーキングの注意点

ウォーキングする男性
食後すぐにウォーキングをすると胃に負担がかかるため、食後30分ほど時間を置いてからがよいだろう。遅い時間に夕食をとる場合は良質な睡眠を阻害してしまうこともあるため、ウォーキングは控えたほうがよい。また、食前に糖質を少し取ってからウォーキングをすることで脂質減少に使用するエネルギーが補給できる。

結論

体型や健康を維持するためのウォーキングは食後に、ダイエットのためのウォーキングは食前にすることで、より効果を感じられるだろう。今回ご紹介したポイントを意識して効果的なウォーキングをすることで健康な日々を送ってほしい。
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2022年11月21日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧