このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
腕を掻く男性

たまらない程に痒くなる「トコジラミ」が発生する理由って?その厄介な生態と正しい駆除方法を解説!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年11月16日

国内ではトコジラミの発生が、2007年頃から再び増加傾向にある。なぜトコジラミの発生が増えているのだろうか。今回の記事では、トコジラミの発生原因を探るとともに、生態や駆除方法についても解説する。

  

1. トコジラミが発生する原因

ホテルのような部屋
トコジラミは、宿泊先で身体や荷持に付着してそのまま家庭内に持ち込んでしまうことがほとんどである。宿泊施設を利用した、海外の利用客の身体や荷持に付着していたものが、日本に持ち込まれたと考えられている。海外から輸入した家具や物資に潜んでいる場合もあるので注意が必要だ。

2. トコジラミの生態と人体への影響

リビング
トコジラミはナンキンムシとも呼ばれており、強い繁殖能力があるのが特徴だ。暗くて狭い場所を好む性質があり、家具と柱の隙間、カーテンレールやカーテンの裏などに潜伏している。刺されると、アレルギー反応が生じ、強いかゆみを引き起こす。刺された跡が2週間以上残るのも特徴である。

3. トコジラミの駆除方法

消毒する人
大阪市では、掃除機で吸い取る、熱湯で洗濯するなどの方法を推奨している。また、殺虫剤に耐性をもつこともあるため、殺虫剤以外の方法で駆除することを呼びかけている。横浜市ですすめているのは、掃除機やスチームクリーナーを使う方法だ。もし殺虫剤を使用する時は、浸潤性の高いカーバメイト系を使用することを推奨している。

結論

今回は、トコジラミの発生原因から人体への影響、そして駆除方法まで解説した。トコジラミは、外部から持ち込まれるケースが多いので、持ち込まないことが重要だ。駆除する場合は、今回の記事を参考にして適切に対処してほしい。
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2022年11月16日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧