このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ブルーベリー

【ブルーベリーの食べすぎは要注意!】意外と知らない副作用とは!?体への影響を解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年11月13日

自宅で栽培している方も多いブルベリーは、程よい酸味で食べやすいものだ。食べすぎてしまうこともあるが、食べすぎると身体に副作用は起きるのか気になるところである。今回は、ブルベリーの過剰摂取による身体への影響について紹介していく。

  

1. ブルーベリーを食べることによる効果は?

かごに入ったブルーベリー
ブルーベリーは、アメリカではスーパーフードとも言われている。ポリフェノールの一つであるアントシアニンが豊富に含まれていることから、抗酸化作用も強く生活習慣病に役立つ食べ物だ。また、目の働きを活発化させる作用もあることから目の視力低下予防にも効果があると言われている。また、他の果物に比べてカロリーも低いことがあげられる。

2. ブルベリーを食べすぎるとどうなる?

まな板の上のブルーベリー
栄養豊富なブルーベリーだが、食べすぎは体に悪いともいわれている。これはブルーベリーに含まれる不溶性食物繊維にある。食物繊維は便秘にも良いとされている成分だが、逆にサプリ等を活用した過剰摂取を行うと消化不良を起こし、腹痛や下痢などの症状が出ることもあるため注意が必要だ。また、ブルーベリー自体にアレルギーはないが口の中の痒みや違和感などのアレルギー反応が出ることもある。

3. ブルーベリーの適切量とは

ブルーベリー
ブルーベリーを食べすぎることによって、消化不良などを起こす場合もあるため、一日の適切摂取量を把握しておくと安心だ。厚生労働省が定める「健康日本21」では、一日の果物摂取量目標を200gとしている。ブルーベリーは、果糖も含まれているため肥満の原因にもなる。カロリーの低いブルーベリーでもあるが、食べすぎは糖質のとりすぎになるため注意しなければならない。

結論

ブルーベリーは食物繊維をはじめとするポリフェノールが豊富に含まれている。しかし、過剰な摂取によっては消化不良を起こし下痢や腹痛につながるため気をつけなければならない。また、果糖も含まれているため一日200gを目安に食べることで肥満を防ぐことができる。
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2022年11月13日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧