このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
水を流している排水溝

排水口の頑固なカビは『あの調味料』でゴッソリ落とせる!?家中の排水口がキレイになる裏ワザとは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年11月19日

水回りの排水溝はカビが発生しやすい場所でもある。なぜカビが発生するのか、理由や掃除する方法について紹介していく。

  

1. 排水溝にカビが発生する原因は?

排水溝に詰まった髪の毛
カビにはさまざまな種類があるが、水回りのカビは黒カビである場合が多い。湿度・温度・栄養素などの一定の条件を満たせばカビは永遠に繁殖するものだ。全ての水回りは換気も悪く、湿度や温度も高い。キッチンであると食品のカス、お風呂場などは石けんや皮脂が栄養となっている。

2. 排水溝のカビを掃除する方法

キッチンハイターをかけた排水溝
キッチンのカビは湿度や温度に加えて、食品のカスなどを栄養としている。スポンジや歯ブラシに台所の中性洗剤で排水溝の蓋や網を掃除していく。バスケット部分はぬめりがひどいため、キッチンハイターを使うとよい。ハイターは手袋をはめて、用途方法を守って使用しなければならない。お風呂場のカビは、髪の毛やゴミなどを取り除いていく。詰まりが除けない場合はパイプクリーナーを使ってもよいだろう。その後は外せる部品は外して、お風呂用の中性洗剤を使用して掃除をする。

3. 洗剤以外のものを使って排水溝のカビを掃除する方法

ペットボトルと白い粉
排水溝のカビは、洗剤を使用しなくても掃除することができる。そこで使用するのが重曹とお酢だ。カビの部分に重曹をふりかけて、温めたお酢をまんべんなくかけていく。お酢の量が多いと、重曹の効果が低くなってしまうため注意しなければならない。泡立つと30分前後放置して、カビを浮かせる。最後はお湯で洗い流して終わりだ。

結論

水回りのカビは、湿度・温度・栄養素の条件を満たして無限に繁殖するものだ。温めたお酢と重曹を使って掃除することもできる。カビを繁殖させないためにも、日々のお手入れと同時に丸めたアルミホイルなどを排水溝のバスケットに入れておくとよい。
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2022年11月19日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧