このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
エアコンの節電

冬のエアコンは「あの設定」で逆に電気代が上がる!?意外と知らない原因と節約術とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年11月13日

冬の暖房器具にエアコンを使っている人も多いと思います。エアコンは灯油を入れるなどの手間がなく、赤ちゃんやペットがいても安全に使えるのが良い点ですよね。ただ、電気代が気になる…。そんなエアコンの電気代の節約術をご紹介します。

  

1. 扇風機を併用する

扇風機を併用する
冬に扇風機と思うかもしれませんが、暖かい空気は部屋の上部にたまってしまいます。
空気を循環させることで、お部屋全体を温めることができるのです。
そのため、空調効率がアップし、節電につながります。

2. 加湿器と併用する

加湿器と併用する
冬場は加湿器を併用し、湿度を高く保ちましょう。
湿度が上がると体感温度も高くなるため、加湿することでエアコンの設定温度を上げずにすみ、節電になります。
加湿器がない場合、洗濯物を部屋干しするだけでも効果があるので、おすすめです。

3. 自動運転にモードにする

自動運転にモードにする
エアコンの電気代を気にして弱運転にする人も多いですが、それは間違いです。
お部屋を温めるのに時間がかかり、かえって多くの電力を消費してしまいます。
自動運転モードは、効率的に室内を設定温度に保つことができるので、節電になります。

結論

気温が低い冬は、1年で一番電気代が高いと言われています。
日ごろから節電意識を持つことで、電気代の節約につながることがあります。
まずはエアコンの使い方を見直してみましょう。
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2022年11月13日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧