このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
枝豆

実は枝豆には虫が住みついている!?気づかずに食べてしまったらどうなるの?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年11月17日

普段何気なく食べている枝豆だが「虫が住みついている」という噂を耳にしたことがある方もいるのではないだろうか。おつまみとしても人気のある枝豆だが、口にしても大丈夫なのか、見極める方法などについて紹介していく。

  

1. 枝豆には虫が入っている?

枝豆のからと豆
枝豆は栽培中に虫がつきやすい植物である。無農薬で育てるととくに、虫食いの可能性も高くなる。枝豆に住み着く虫は、アブラムシ・カメムシ・メイガなどだ。また、卵を産み付けることも多く幼虫が多いため、成虫で発見されることはほとんどない。枝豆はそのまま食べる方も多いため、莢を開けるまで気づかないことも多い。

2. 枝豆に入っている虫を口にするとどうなる?

ビールと枝豆
枝豆に虫がいるのに気づかず口にしている方も多いだろう。農薬を使用することで虫は住み着かないが、枝豆は口につけて食べる食べ物であるため推奨されていない。しかし、虫入りの枝豆を口にしても健康被害は極めて低いようだ。高温で茹でているうえに、胃で消化されるからだ。また、誤って虫を口にしても味がいつもと違うため気づくこともある。

3. 枝豆に虫が入っているのか確認する方法

茹でている枝豆
体に害がなくても、虫が住み着いている枝豆は避けたいものだ。まずは、枝豆に穴が開いていないか確認するとよい。穴が開いているものは、避けたほうが無難だ。穴が開いていない場合は、水につけると虫が浮き上がってくることもある。さらに莢の端をハサミでカットすると虫が出やすくなる。どうしても虫を避けたい場合は、少し手間だが豆を莢から出して調理することをおすすめする。

結論

枝豆は栽培方法により虫が住み着きやすい植物で、虫が入っていることもある食べ物だ。万が一口にしても、加熱調理しているため健康被害はないと言われている。虫が入っているか確認するには、水につける方法や莢から取り出して調理することをおすすめする。
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2022年11月17日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧