このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
焼いた餃子と箸

餃子がありえないほどウマくなる!?隠し味に使うまさか過ぎる【あの調味料】とは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年11月16日

お店で食べる餃子や冷凍食品もよいが、手作りの餃子のおいしさはまた格別である。しかし、手作り餃子はどうしてもワンパターンになりがちだ。餃子をよりおいしく作りたい人のために、おすすめの隠し味を紹介していこう。

  

1. 餃子のたねの作り方

餃子のタネ
はじめに、餃子のたねの作り方を紹介していこう。基本の材料は、豚のひき肉 、キャベツ(または白菜)、ニラの3つである。この3つに加えて、醤油や塩コショウなどの調味料を用意しよう。餃子のたねの作り方は以下の通りだ。
  • キャベツや白菜をみじん切りにする
  • 豚のひき肉に調味料を加えてボウルの中でこねる
  • みじん切りにした野菜を加える
  • よく混ぜる
  • 完成したたねを冷蔵庫で1時間ほど寝かせる

2. 餃子のたねに加えるおすすめの隠し味

作っている餃子
餃子のたねの作り方がわかったところで、続いては隠し味となる調味料を紹介していこう。餃子のたねは醤油をベースにした味付けが基本だが、さらにオイスターソースを加えると味に深みが出る。味噌や豆板醤を加えてもおいしそうだ。しっかりとした味付けにしたい場合は、市販のスープを加えるのもよいだろう。定番の具材に飽きたら、漬物やカレーなどの具材を入れるアレンジ方法もおすすめだ。

3. 餃子のたねが余った際のアレンジ方法

焼く前の餃子
餃子のたねを多く作りすぎて余ってしまった...。そのようなときは、思い切って別の料理にアレンジしてみてはいかがだろうか。具体的には、肉団子、ハンバーグ、ピーマンの肉詰めなどにアレンジできる。余った餃子のたねを活用すれば、中華風のハンバーグが簡単にできておすすめだ。お弁当にもぴったりなので、ぜひ試してみてほしい。

結論

自宅で餃子を手作りする場合は、たねにオイスターソースや味噌を加えると味に奥行きが出る。辛い餃子が好きな人は、豆板醤を加えるのもおすすめだ。定番の具材に飽きてしまった人は、一般的な餃子には入れない変わった具材を加えてみてはいかがだろうか。
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2022年11月16日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧