このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
水を流している排水溝

「キッチンの排水口」はアレをふりかけて放置するだけで洗浄完了!片手間でできる効果的な裏ワザとは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年11月12日

キッチンの排水口はつまりやすく、頭を悩ませている人も多いのではないだろうか。そこで今回は、キッチンの排水口のつまりの原因と対処法、さらにはつまりを予防する方法を紹介していこう。

  

1. 排水口つまりの原因

キッチンの排水溝
キッチンの排水口つまりの原因は、主に以下の4つである。
  • 油汚れ
  • 洗剤や石けんのカス
  • 食品カスやヌメリ
  • 固形物
キッチンの排水口つまりの原因として、もっとも特徴的なのは油汚れだ。揚げ物や炒め物をよくする家庭はとくに注意してほしい。また、洗剤や石けんのカス、食品カスが原因となっていることも多い。この4つ以外には、屋外の排水枡(マス)や下水道の問題が原因となっていることもある。

2. 重曹とクエン酸を使って排水口つまりを解消する

重曹をかけたキッチンの排水溝
つづいては、キッチンの排水口つまりを自分で解消する方法を紹介していく。ラバーカップや液体洗剤を使う方法があるが、道具や強力な洗剤を使用したくない場合は、重曹とクエン酸を使った解消法を試してほしい。まずは重曹1/2カップを排水口まわりにふりかけ、そこにクエン酸大さじ2杯を溶かしたお湯を1カップを流していこう。発泡作用が起こるため、10分ほど放置する。 その後、お湯を1カップ程度流し、再び10分ほど放置しよう。最後に勢いよく水を流せば完了だ。

3. キッチンの排水口つまりを予防するコツ

水を流しているキッチンの排水溝
キッチンの排水口つまりが解消されたら、できるだけきれいな状態をキープしたいものだ。そこで以下の3点を意識してほしい。
  • 油を流さない
  • ネットをつける
  • こまめに掃除する
調理時には、できるだけ油は流さないように工夫しよう。フライパンや油で汚れた食器は、洗う前にキッチンペーパーなどで油汚れを拭き取っておくのがおすすめだ。排水口に食品カスや石けんカスが流れ込まないように、排水用ネットを付けおくのも有効である。

結論

キッチンの排水口つまりの原因は、油汚れや食品カスなどである。普段から油を流さない、排水用ネットを付けておくなどの工夫が必要だ。もし排水口がつまった場合は、重曹やクエン酸で排水口を掃除してみよう。
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2022年11月12日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧