このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ホワイトチョコの板チョコ

『ホワイトチョコ』の材料は何か知ってる?まさか過ぎるホワイトチョコの秘密とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年11月15日

普段から何気なく食べているホワイトチョコレートですが、なぜ白いのかご存知だろうか。通常のチョコレートよりも甘いのも特徴だ。そこで今回は、ホワイトチョコの材料は何から作られているのか、理由や製造の流れなどについて紹介していく。

  

1. ホワイトチョコが色や味の理由

溶かしたホワイトチョコ
ホワイトチョコレートが白いのは、原料にカカオマスが含まれていない理由にある。ホワイトチョコレートの原料は、ココアバター・砂糖・乳製品などだ。カカオ豆から抽出されるココアバターに、材料を加えてホワイトチョコレートが作られる。ホワイトチョコレートの主成分でもあるココアバターは、常温では固まるが体温に近い温度では溶ける性質を持っている。そのため、白い色に加えてなめらかな口溶けも特徴だ。

2. ホワイトチョコ製造の流れ

ホワイトチョコ
ホワイトチョコレートの製造方法の流れは以下のとおりだ。
  • 圧縮したカカオマスから抽出されたココアバターに砂糖などの原料を混ぜ合わせる
  • レファイナーという機械を使用して微細化しフレークにしていく
  • コンチェという機械を使用して生地を柔らかくするコンチングをしていく
  • 温度調節やテンパリングをしていく
  • 専用の型に流し込み完成

3. ホワイトチョコを使用したスイーツ

ホワイトチョコを挟んだクッキー
チョコレートとは違う食感や味わいを楽しむことができるホワイトチョコレートだが、多くのスイーツがある。そのなかでも、ホワイトガトーショコラは人気だ。白い見た目となめらかな口溶けは、ホワイトデーなどにも魅力的である。自分で作ることもできるホワイトチョコレートのスイーツだが、白い恋人なども有名なお菓子で喜ばれるものだ。

結論

ホワイトチョコレートとチョコレートの違いは原料にある。ホワイトチョコレートには、カカオマスが含まれていないため、白色とクリーミーな甘さとなる。製造方法や原料に違いがあるホワイトチョコレートは、スイーツなどにも喜ばれるため、ぜひ手土産としてもおすすめだ。
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2022年11月15日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧