このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
半分焦げたフライパン

フライパンに食材がこびりつく理由知ってる?意外と知らない原因と『こびりつかない裏ワザ』を紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年11月19日

何度フライパンを購入しても、食材がこびりついてしまう経験をしたことがある方も多いのではないだろうか。今回は、こびりつく原因と対策について紹介していく。種類毎に解説していくので、ぜひ参考にしてほしい。

  

1. 鉄製のフライパンに食材がくっつく原因と対策

鉄製のフライパン
鉄製のフライパンは、食材を入れる前の予熱が不十分なことがくっつく原因としてあげられる。とくに、お肉や卵などのタンパク質は表面温度が上がっていないと、凝着しやすくなる。さらに、鉄製のフライパンを買ったら空焼きをした後に、油でコーティングをするとよい。このコーティングによって、食材がくっつきにくくなるのだ。

2. ステンレス製のフライパンに食材がくっつく原因と対策

ステンレス製のフライパン
ステンレス製は丈夫なフライパンだといわれているが、予熱で十分に温まっていないとくっつく原因になる。熱伝導率も低いため、十分に予熱することが大切だ。一方で一度温めると、冷めにくい性質を持っているため、弱火でじっくりと加熱するとよい。また、調理後は冷めたらなるべく早く洗うことも大切である。

3. セラミック製のフライパンに食材がくっつく原因と対策

セラミック製のフライパン
本体は金属だが、セラミックで覆っているフライパンがセラミック製のフライパンだ。ノンスティック効果が弱く、強火や油を使用せずに調理するとくっつきやすくなる。軽く予熱をした後に、隅々まで油を引くことが大切だ。中火以下で調理することで、劣化を防ぐことができる。洗う際も、柔らかいスポンジを選びコーティングが剥がれないようにすることが大切だ。

結論

フライパンがくっつく原因と対策は、種類によって異なる。それぞれの性質を理解して、正しく使うことが大切だ。特に、熱の通し方やコーティングが深く関わるため、気をつけるポイントである。この先の調理方法や使用方法でぜひ参考にしてほしい。
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2022年11月19日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧