このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
襟の汚れを気にする人

「シャツの襟」の黄ばみはアレを使えば一発で落ちる!?ただの洗剤よりも効果抜群なその正体とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年11月13日

シャツの襟の黄ばみは時間の経過とともに落としにくくなるため、早めに対処することが重要だ。適切な落とし方を解説するので、衣替えの前にぜひ実践してほしい。シャツが黄ばむ原因や予防法も、あわせて紹介しよう。

  

1. シャツの襟が黄ばむのはなぜ?

汗を拭くスーツの男性
シャツの襟が黄ばむ原因は、ズバリ「皮脂」である。皮脂は首以外の部位からも分泌されるが、襟の部分は皮膚と衣服がこすれ合って黄ばみやすい。繊維の奥へ、汚れが入り込んでしまうのだ。すぐに対処すれば問題ないが、時間が経つと酸化して黄ばむ。毎回洗濯していても、皮脂汚れが残っていると黄ばむので注意しよう。

2. シャツの黄ばみを落とす方法

オレンジ色の洗剤
本文 最も手軽なのが、食器用の中性洗剤を使って落とすという方法だ。襟の汚れが気になるところに、中性洗剤を原液のまま塗布してもみ洗いしよう。その後、洗濯機で通常どおり洗えばOKだ。ほかには固形石けんや酸素系漂白剤、塩素系漂白剤などを使って落とす方法がある。まずは、自宅に常備している洗剤で試してはいかがだろうか。衣服の脱色や変色を防ぐために、衣服の洗濯表記をチェックしたうえで実施してほしい。

3. シャツの黄ばみを防ぐコツ

ベビーパウダー
シャツの黄ばみを防ぐためには、こまめに首の汗を拭き取ることが大切だ。襟にベビーパウダーを塗り、汗や脂を吸収してもらうのもよいだろう。ベビーパウダーは洗濯すると落ちるので、着用前に毎回塗布してほしい。面倒な人は、黄ばみを予防できる市販のアイテムを活用するのもおすすめだ。クローゼットの定期的な換気もお忘れなく。

結論

襟の黄ばみは、放置すると落としにくくなる。これを機に、食器用の中性洗剤でキレイにしてはいかがだろうか。キレイな状態をキープできるよう、日頃の手入れも忘れず行なおう。
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2022年11月13日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧