このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
エアコン

外出時のエアコンは何時間までなら点けっぱなしにするべき?知って得する【エアコンの節約術】

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年11月21日

エアコンは暑さ・寒さ対策として、今や欠かせない家電だ。しかし電気代が高くなることに頭を悩ませている人もいるだろう。そこで今回は、エアコンの電気代を節約する方法をお伝えするので、ぜひ参考にしてほしい。

  

1. エアコンは冷房・暖房どちらが電気代が高い?

リビングのエアコン
電気代が高くなるのは暖房だ。その理由は気温と設定温度の差にある。たとえば、温度設定を20度にする場合、夏の気温が30度だとすれば差は10度、冬の気温が0度ならその差は20度にもなる。エアコンは設定温度にするまでが一番電気を消費するので、暖房の電気代が高くなるのだ。

2. エアコンの暖房の電気代節約術

エアコンのリモコンを操作する手
設定温度を1度下げると消費電力を10%抑えることができる。環境省では温度設定を20度にすることを推奨しており、それでも寒いと感じる場合は厚着をするなどの対策を併用しよう。また、自動運転モードを利用する、サーキュレーターなどで温かい空気を循環させるなどの対策も効果的だ。

3. エアコンの暖房は点けっぱなしにしたほうが電気代が安い?

エアコン
前述したように、エアコンは設定温度になるまでの電気消費量が多い。そのため、こまめにスイッチをオフにするより、エアコンを点けっぱなしにしておいたほうが電気代の節約につながる。ただその際には1時間を目安にして、それ以上部屋を空ける場合はオフにしよう。

結論

エアコンの暖房は、冷房に比べて電気代がかかる。電気代を節約するには、設定温度を調節する、温かい空気を循環させるなどの対策がおすすめだ。また1時間以内の外出なら、暖房を点けっぱなしにするほうが電気代を節約できる。
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2022年11月21日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧