このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ハンガーに吊るしたセーター

もうセーターの肩にハンガー跡がつかなくなる!?たったひと手間で出来る【驚きの洗濯術】

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年11月20日

お気に入りのセーターやニットを洗濯してハンガーで干したら、ハンガーの跡がついてしまったことはないだろうか。今回は、そのようなトラブルを避けるための干し方のコツと洗濯術を紹介するので、ぜひ取り入れてみてほしい。

  

1. ハンガーの跡がつきにくい干し方

青いセーター
ニットをハンガーで干すと、自重で伸びてハンガーの跡がついてしまう。そのため平干しにするのが基本だ。平面上に置いて乾かせば、ハンガーを使わなくても干すことができる。専用の平干しネットを利用すれば手軽にできるのでおすすめだ。

2. セーターの干し方に失敗した時はどうすればいい?

スチームアイロン
スチームアイロンを使えば簡単に直せる。ただアイロンを当てるのではなく、使うのはスチームだけで、十分に湿らせたら、手で軽くたたくなどして形を整えよう。スチームアイロンのかわりにドライヤーを使う方法もある。

3. 伸びにくくするセーターの洗い方

セーターを手洗いする手
セーターが伸びるトラブルを防ぐには、干し方はもちろん、洗い方にも目を向けよう。手洗いの場合の手順は次のとおりだ。
  • 洗濯桶などに30℃以下の水を入れ、オシャレ着用中性洗剤を投入する
  • セーターをその中に入れて、20~30回程度押し洗いする
  • 洗ったら水をかえながらすすぎ、最後に柔軟剤を入れた水に浸す
  • その後に洗濯ネットに入れて洗濯機で1分ほど脱水して平干しにする

結論

セーターにハンガーの跡をつけずに干すには、平干しをするのがおすすめである。そして洗い方も今回紹介した方法を用いれば、セーターが伸びてしまうのを最小限にできるだろう。ぜひ一度実践してみてほしい。
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2022年11月20日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧