このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
浴室

しつこい汚れや黒カビがこびりついた『浴室の床』が一発でキレイになる裏ワザがあるって知ってた?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年11月20日

お風呂の床は掃除を怠ると、汚れが落ちにくくなったり、黒カビが発生したりする。そこで今回は、お風呂の床の掃除方法について解説する。合わせて、汚れの種類や風呂をきれいに保つ方法もお伝えしよう。

  

1. お風呂の床が汚れる原因とは

浴室の床掃除をする手
汚れの原因のひとつが石鹸の残りカスだ。石鹸やシャンプー、ボディーソープはしっかり流さないと床に付着したままになり汚れとなってしまう。また水アカも汚れの原因である。水道水に含まれるミネラル成分が床に残って水アカに変質してしまうのだ。そのほか、皮脂の汚れ、赤カビ、黒カビも汚れとなる。

2. お風呂の床の効果的な掃除方法

スプレーボトルを持つ手
お風呂の床掃除の原則は、アルカリ性の汚れには酸性の洗剤、酸性の汚れにはアルカリ性の洗剤を使うことである。ここでは酸性のクエン酸を使用する掃除方法を取り上げる。
  • スプレーボトルに水200mlと粉末クエン酸を小さじ1杯入れる
  • 汚れに噴射してこすり、水できれいに洗い流す
  • 頑固な汚れには、スプレー後にキッチンペーパーを貼り、汚れをゆるませてから洗う

3. お風呂の床をキレイなままにしておくコツ

シャワーヘッド
まずお風呂から出る前にお湯をかけることが大切だ。石鹸カスや皮脂汚れを落とすのはもちろん、赤カビ防止にもなる。また換気するのも重要。カビは湿気が多いと繁殖するので、お風呂場をしっかり換気しておくことがカビ防止につながる。

結論

お風呂の床は石鹸カスなどの汚れがつきやすいため、定期的に掃除することを心がけたい。汚れてしまった場合には、今回紹介した方法を参考にして掃除してほしい。汚れを早めに落として、快適なバスタイムを過ごそう。
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2022年11月20日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧