このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
料理をする男性

自炊してるのに食費が安くならない原因がまさかのアレだった!?意外すぎる原因と【今日からできる節約術】

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年11月22日

「節約するために自炊しよう」と考えている方も多いのではないだろうか。節約を考えるには、食費が一番手っ取り早い。そこで今回は、自炊が節約にならない原因や節約術について紹介していく。

  

1. 自炊は節約にならない?

電卓と豚の貯金箱
総務省統計局が発表している「2021年度家計調査 家計収支編 単身世帯」では、平均月38,410円である。世代や年齢によっても異なるが、月に50,000円を超えると平均より多いことになる。外食も含めているため、平均以下に抑えるためには1週間8,000円ほどが理想だろう。8,000円あれば、1週間の食材を買うには十分なため、自炊をすることで節約することができるのが分かる。外食をすると、1食500円~1,000円ほどかかるため、朝は家で食べたとしても一日1,000円~2,000円だろう。そのため、1週間で7,000~14,000円もかかってしまう。

2. 自炊しても節約にならないケース

器に盛られた料理
実際に自炊をしていても、節約にならないこともある。大切なのは食材の使い方である。野菜は正しい保管方法のもと保管をして長持ちさせなければならない。お肉は全てを使い切ろうとするのではなく、冷凍しておくと次も使うことができる。一度に購入した食材を、次の料理にも使うことで、節約につながる。一人暮らしの場合は、日持ちする料理をつくって、冷凍しておくのも一つの手だ。

3. 自炊で食費を節約するには

電卓とショッピングカート
少しでも自炊で食費を節約するには、買い物の頻度と予算を決めておくことがよい。たとえば、週に一回の買い物で予算は8,000円と決めておけば、一週間その食材で料理することができるだろう。冷凍できるものは、小分けして冷凍しておくと長持ちさせることができる。忙しくて作る時間がない日のことを考えて、休みの日に作り置き料理を作っておくと、外食の頻度を減らすことができるだろう。

結論

自炊で節約するには、食材の使い方や買い物の頻度にある。買い物に行く頻度が多ければ、その分誘惑が多いためおすすめしない。食費で節約したい方は、ぜひ参考にしてほしい。
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2022年11月22日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧