このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
天ぷらの盛り合わせ

「アレ」を入れるだけでサクサクになるってホント!?名店の天ぷらを自宅でも味わえる究極の裏ワザって?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年11月19日

自宅で揚げた天ぷらが、ベチャベチャの仕上がりになって困った経験はないだろうか。今回紹介する裏ワザを実践すれば、サクサクの天ぷらが作れるはずだ。とても簡単なので、ぜひチャレンジしていただきたい。

  

1. サクサクの天ぷらを作るために入れるべき「アレ」とは?

マヨネーズ
サクサクの天ぷらを作るために欠かせないのが「マヨネーズ」である。卵の代わりにマヨネーズを使うことで、揚げた時に水分が残りにくくなりサクッとした衣に仕上がるのだ。卵は本来、衣に風味をプラスしたり、ふんわりと膨らませたりする役割を果たしている。マヨネーズは卵が原料なので、これらのメリットを失うことなく衣の食感を変えることが可能だ。 マヨネーズは冷蔵庫に常備しているという家庭が多いはずなので、ぜひ実践してほしい。

2. 揚げる順番も大切なポイント!

エビの天ぷら
複数の食材を天ぷらにする場合、揚げる順番も仕上がりを左右する大切なポイントだ。まずはシイタケやマイタケ、大葉などの火が通りやすい食材を揚げよう。油が汚れにくいほか、食材のニオイが油に移りにくいというメリットも得られる。火が通りにくい根菜類や、ニオイが移りやすい魚介類は後回しにしてほしい。内臓がないエビやイカ、肉類は中盤で揚げてOKだ。油がすぐに汚れて困った経験がある人は、揚げる順番を意識しよう。

3. 「揚げない天ぷら」とは?

オーブントースター
調理の手間や油の後始末が面倒で、天ぷら調理に対して前向きになれない人もいるはずだ。そのような人におすすめしたいのが「揚げない天ぷら」である。オーブントースターで簡単にできるので、ぜひ試してほしい。今回は、オーブントースターで作る「ちくわの磯辺揚げ風天ぷら」の調理手順を紹介しよう。
  • ボウルに水・天ぷら粉・マヨネーズ・青のりを入れて混ぜ、衣を作る
  • ちくわを斜め半分に切り、衣に絡ませる
  • オーブントースターで10分前後加熱して完成
夕飯だけでなく、おつまみや弁当のおかずにも重宝するはずだ。

結論

天ぷらを作るときは、卵の代わりにマヨネーズを使えば衣がサクサクになる。油を使うことに抵抗がある人は、オーブントースターで調理するのもよいだろう。サクサクの天ぷらを作って、家族や友人を喜ばせてはいかがだろうか。
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2022年11月19日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧