このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
手すりにつもった埃を触る手

水に「アレ」を混ぜて拭くだけで埃の発生を抑えられるってほんと?圧倒的に家事がラクになる裏ワザとは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年11月20日

少し掃除をさぼっていたら、家具や家電の上に埃がたまっていた経験はないだろうか。そんなときは、水にあるものを混ぜて拭くだけで埃の発生を抑えられる。今回は、埃の発生を抑えて家事をラクにする裏ワザを紹介していこう。

  

1. 埃が発生する原因

埃が舞ってる部屋
埃が発生する原因はさまざまだが、とくに埃になりやすいのが洋服、布団、カーテンなどの布製品だ。また、ティッシュペーパーや新聞紙などの紙製品からも埃は発生しやすい。埃が発生しやすい場所は、家電や家具周り、部屋の隅、コンセント周りなどである。

2. 埃を掃除する際のコツ

雑巾
部屋の埃を掃除するときには、今から紹介するコツをおさえると効率的に掃除できる。まず、埃を掃除するベストタイミングは朝か帰宅後だ。埃は人の動きによってすぐに舞い上がってしまうため、人が活動する前の朝に掃除するとよいだろう。日中誰もいない部屋では舞い上がった埃が下に落ちているため、そこを狙って帰宅後に掃除するのもおすすめだ。掃除中は埃が舞い上がらないように窓を閉めて、上から下に向かって掃除することを心掛けよう。

3. 掃除後に埃を発生させないコツ

ピンク色の洗剤
部屋の埃を掃除したら、できるだけ長く綺麗な状態をキープしたいものである。そこで、ただ水拭きをするのではなく、水拭きするときに少量の柔軟剤を混ぜよう。埃が家電などに付着する原因は静電気なのだが、柔軟剤を混ぜて水拭きすると静電気を防止できるのだ。1リットルの水に対して、30~50mlの柔軟剤を混ぜて雑巾に浸し、その雑巾で軽く水拭きするだけでよい。

そのほかにも部屋を定期的に換気する、布製品や紙製品を置かない、家に入る前に服の埃をはらうなどの一工夫で埃は発生しにくくなる。

結論

埃の主な発生原因は、布製品や紙製品などである。部屋の中にはなるべく布製品や紙製品を置かず、定期的に換気することで埃の発生を抑えることができるだろう。少量の柔軟剤を混ぜて水拭きをするのもおすすめだ。柔軟剤の効果で静電気の発生を抑えることができるため、家電などに埃が付着しにくくなる。
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2022年11月20日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧