このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
にんにくは皮つきのまま冷凍する

「ニンニク」はあの冷凍方法で【6ヶ月保存できる】って知ってた!?本当は秘密にしたい…驚きの裏ワザ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年11月18日

スタミナ料理に欠かせない食材といえばにんにくですよね。でも、1~2片使って放置しているうちに「芽が出てきちゃった!」なんてことも。使いかけのにんにくはどうやって保存するのが正解なのでしょうか?答えはズバリ「皮つきのまま冷凍する」です!具体的にどうやるのか、手順をみていきましょう。

  

1. にんにくをバラバラにする

にんにくをバラバラにする
にんにくは1片ずつバラバラにします。
薄皮はくっついたままでOKです。

2. ラップでまとめる

ラップでまとめる
乾燥を防ぐため、2~3片ずつラップでまとめます。
空気はできるだけ抜いてくださいね。

3. 保存袋に入れて冷凍庫へ

保存袋に入れて冷凍庫へ
冷凍できる保存袋に入れて、冷凍庫で保管しましょう。
この状態で6ヶ月ほど風味をキープできますよ。
使うときは凍ったまま根元を切り落とし、水に1分ほど漬けておくと簡単に皮がむけます。

4. まるごと保存するときは?

まるごと保存するときは?
丸のままのにんにくを保存するときは、乾いたキッチンペーパーで包みましょう。
ジッパーつきの保存袋に入れてチルド室で保管すれば、1~2ヶ月ほど長持ちします。

5. 刻んで冷凍すると便利

刻んで冷凍すると便利
また、にんにくは刻んで冷凍すると便利です。
好みのサイズにカットして、ラップでひとまとめにします。保存袋に入れて冷凍すれば2週間程度は使えますよ。

結論

にんにくを長持ちさせる方法をお伝えしました。
常温で保管するとすぐに芽が出てしまうにんにくですが、皮つきのまま冷凍すれば驚くほど長持ちします。
まるごと保存するなら、キッチンペーパーに包んでチルド室で保管するのがおすすめです。ぜひ試してくださいね。
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2022年11月18日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧